• カテゴリ World of Warcraft の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - World of Warcraftカテゴリのエントリ

カジュアルRaidについて

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2015-8-28 6:39
週7時間のカジュアルRaidに切り替えて、2ヶ月が経過しました。
それなりに、もっというなら、想像通りに、楽しめています。

前は週10時間でしたので、3時間の余裕ができた、という意味でもそうですし、
Raid外で、Raidに使う時間、例えば戦術の下調べや、Raid後の対応を考える時間も1/3以下になりました。
後は、みんながお休みを取りやすく、それでもRaidが回るというのも大きいですね。

結果、別ゲームをしたり、動画を作ったりetc、Raid以外に費やす時間が結構増えました。
土曜日からは一週間くらいDiabloモードになると思います。

やっぱり、「Mythicをやりたいなぁ」という気持ちは、まだ残っていますが、以前ほどは強くないです。
現在だと、難しいBossをKillした時の興奮や嬉しさの面で、Mythicに比べて物足りない感はあります。
ただ、メンバとのコミュニケーションや遊び方は同じですし、よりリラックスして遊べるという面もあり、
気軽さと、Raidの楽しさとを総合的に考えると、「まあこっちでいいかな?」という感じです。

ま、また気が変わるかもしれませんが!

UT Heroic Raidメンバ募集中

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2015-6-22 0:14
UTでRaidメンバの募集を始めました。
Ally側なら、他サーバーでも、他ギルドでも参加できますので、興味のある人はぜひ!

http://ut.wowlaunch.com//forums/viewtopic.php?p=37904511&gid=358155#37904511

最近は1ヶ月ゲームタイムが、25,000g程度でAH販売されているので、
そこそこWoWをプレイしていれば、月額料金は無料 or かなりそれに近くなります。
これを機にカジュアルに遊んでみたり、復帰してみてはどうでしょうか。

他のMMORPGも少し遊んでみたり、動画や実況プレイを見てみたりもしますが、
Raidという遊び方で、WoWのRaidはやっぱり頭ひとつ抜けてる感じで、
なかなかやめられません・・・。

Shaman Healerやってます4

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2015-6-18 18:31
6.2での変更
 ・Riptideが入ってない人にChain HealしてOK。
 ・T18 2set効果: RpitideのCrit率が25%Up。
 ・T18 4set効果: Chain Healしたメインターゲットに、65%の確率でRpitideが自動で入る。
 ・Shm専用Trinket効果: CH、HS、HWしたターゲットにRiptideが入っていた場合、
  55%の確率で近くの味方にRiptideを複製。
 ・T17 4set効果のChain HealのMana Costを8秒間-50%に(以前は10秒間-75%)

Healing Doneを考えると、しばらくはT17 4setキープだと思う。
Shm専用Trinketを入手して、T18 2setが揃ったら、T17卒業はありと思われる。

UTのその他Healerは、Dru/Pal。
さらっと見た限り、DruはHoT強化でひたすらばら撒くのが良さそうなので、Raid Healメインになりそう。
PalはT18 2setなら、Raid Healが良さそうだけど、T18 4set + 専用Trinketだと、Tank Healの方が強いかも。
Shmとしてはどちらもそこそこいける・・・感じなので、他Classにあわせて、という感じかな?

Mythic Raid終了と今後について

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2015-6-8 6:37
昨晩をもって、UTのMythic Raidが終了しました。
参加していた皆様、お疲れ様&ありがとうございました。

UTはもちろん、MKD時代から一緒にプレイしていた何人かも、
他のMythic Raid Guildに移籍したり、Raidを休止したりするようで、
なかなか一緒に遊べなくなりそうで残念ですが、
移籍先や別のゲームでの活躍、楽しく遊べることを、祈っています。
また一緒に遊ぶ機会があれば、ぜひよろしくお願いします。

---

で、6.2以降のRaidをどうするか。自分のことについてです。

他Guildへ移籍してMythicを続けるか、UTに残り、Heroic Raidを楽しむかの二択だったのですが、
「UTで、Heroic Raidを楽しむ」としました。

最高難易度のMythicをやりたい、達成感を味わいたい、という気持ちは相変わらず強くあります。
ただ、負担が大きかったり、我慢しないといけないことも出てきます。
Mythicを続けていくことで、クオリティ・オブ・ライフというか、
クオリティ・オブ・ゲームを考えた時に、ちょっと迷いが生じてました。
つまりは、「かける時間や労力に見合うだけの満足や楽しさが得られるのか?」というところです。

絶対的な意味での「達成感」で、HeroicがMythicに勝ることはないです。
ただ、自分の遊び方における「クオリティ・オブ・ゲーム」という意味では良い勝負をする、
もしくはHeroicの方が向いている可能性もあり、この機会に試してみよう、と考えました。

付け加えると、WoDにおけるRaidシステムの変化があります。

Heroic Raidの場合、人数が可変でかつ大人数も可、クロスサーバもあり、Personal Lootもあることで、
Raidの運営面で、すごくユーザフレンドリーになっています。

また、難易度の変化もあります。MoP以前のNormal/Heroicという分け方では、Normalは簡単過ぎて、
Heoricをするしかなかったわけですが、Normal/Heroic/Mythicになったことで、
Heroicでもそこそこの難易度となっています。
HM、BRFともにLast 1-2 Bossは、Heroicでも十分やり応えがありました。

---

ということで。
6.2でHeroic Raidまでで楽しんでみて、満足できればそのままで良し。
どうしても、物足りないなら、次の拡張などでMythic Guildに移籍する・・・という方向で、
行くことにしました。
Raid Bossを早く倒すのが、大切な目標なのはそのままですが、
寄り道や雑談含めて、より楽しくRaidをする、というところもやれたらなとは個人的に考えています。

UTで一緒に遊ぶ予定の人は、よろしくお願いします :)
また、詳細が決まれば、メンバも随時募集するでしょうし、条件が合うなら、
他Guild/他サーバからの参加なんかも可能かと思います。
一緒に遊んでもいいよ!という人は、適宜UTのサイトをチェックしてみて下さい。
http://ut.wowlaunch.com/index.php?gid=358155

Shaman Healerやってます3

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2015-2-22 16:45
Shm Healerになって3ヶ月がたとうとしてますが、
いまだに集中してないと、CDを使い忘れるなどの失敗をします。
Class的な強さでもそうですが、最近はプレイスタイルでも、CDに依存している部分も多いので、
CD使い忘れはHealing Done的に致命傷になったりします。

来週の6.1でShm HealはBuffがきます。
 ・Restorative Waves now increases all healing done by 40% (up from 30%).
実質的には4-5%のHealing Done(Raw Healing)アップが予想されてます。楽しみです。

自分のHealが上手くできているかどうかは結構わかります。特に動画を見ると確実なのですが、
 ・CD毎に使うべきスキルが、CD毎に使えてない。
 ・Healthが減っている人が複数人いる時に、Healthが高い人をHealしている(特別な理由もなく)。
 ・Riptideがついてない人をHealしてる(特別な理由もなく)。
敵の攻撃を避ける、防御CDを使う、などはDPSと同じです。

他人のHealが上手くできているかどうかは正直判断が難しいです。
主にログから判断するしかないので、曖昧にしか判断できないのです。

チェックする項目としては、
 1. EHPSが出てるかどうか
 2. Raw Healingが出てるかどうか
 3. 終盤でもHealが出ているか(Mana切れを起こしてないか)
 4. 痛いタイミングでEHPSが出てるかどうか
 5. 何回3分Healing CDを使えているか(本人判断+Raidからのアサインもある)
 6. Healer人数/構成はどうか
あたりになります。

Disc PriはEHPSが出ます。大抵上位にきます。一方でRaw Healingはそんなに伸びないです。
Absorb系スペルは無駄がない代わりに、Heal量(Absorb量)は抑え目になる、のかもしれません。

Holy PalはEHPSもRaw Healingも強い傾向にあるように思います。
BeaconがTankに入ることや、程よいAbsorbパワーがあるせいでしょう。

Rest DruはRaw Healingが高くなります。HoTパワーによるものです。
一方で、Overhealingも多くなるので、EHPSが出るかどうかは、Healer人数/構成にある程度依存します。

Holy Pri/Monk/Shmは特徴が難しい&よくわからない/面倒くさくなったので省略。

そんな感じで、Raid Try中は詳細データ(ログ)が見えないので、Healer Teamとして、
Healが上手くいってない原因を探るのはちょっと大変。

よくSaboneに「もっとHealing出さないと」とか言ったりしますが、
Tank Healer担当+HoTが強いから、Overhealは出て当たり前の部分もあるわけで、
Raw Healingでは、実は私より全然出てた、なんてことがあります。

まあ、余計なダメージはあまり食らってないけど、Healが足りてない、となった時、大抵の場合、
適切なタイミングでのHeal CD割り当てをできてないことが多いです。
ささっとその辺がTry中に調整できるようになるといいのですが、
まだまだ自分のことで手一杯というが現状だったりします。

#Raw Healingは、warcraftlogs.comでHealingの項目出して、
画面右端のRaw Healingを押すと出ます(通常はEHPSが出てます)。

Shaman Healerやってます2

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2015-2-10 23:27
指摘受けた点も含めて、こんな感じでプレイ中。

・暇があればRiptideをばらまく(TankとDamageをうけそうな人中心)。
・Riptideが入っている中で、一番Healthが低い人をターゲットに、CH入れる。
・継続的なダメージでHPSが必要な場合、Healthが40%以下の人をターゲットに、CHを入れる。
 (この場合はRiptide無しでOK)
・Unleash Lifeは、CH直前に使う。

Riptide(特にGlyhph入り)自体は決して強くないこともあり、
Healthが減っている > Riptide > CH、では、HPS(CH)が必要な状況ではちょっと遅くて、効果的ではないので、
Healthが減りそうな人にRiptideを事前にきっちり入れておくことが大事です。
継続ダメージがたいしたこと無く、Manaにも余裕がある場合は、Riptide > CHをしたりもします。

T17のSet効果はCHが時々強くなる、時々Mana消費が少なくなるというもので、CHユーザーの私としては嬉しい感じ。

BRFがきても最強Healerの座はDisc Pri。続いてHoly Pal。ここまでが鉄板。
でもって、ビリがShmなのも鉄板。
ただ、Heal RankingはEHPSでつけられてるので、Healが強い弱いだけではなく、
Healer構成からくるOverheal量の影響などもあります。
Blizzardが手を入れないところを見る限り、結構バランスが取れていて、
例えば5分間「ダメージを受け続けるカカシを1人でHealしなさい」とした場合、
EHPSは横並びになるのかもしれないなぁとは考えています。

Shaman Healerやってます

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2015-1-21 20:27
久々のブログ更新です。

WoD RaidではShaman Healを楽しんでいます。
上手くプレイできているかというと、どうなんだろう・・・というのが正直なところです。
チームメイトとの相対的なものもあるので、判断がしずらく。

Shamanの特徴は
 ・Healthが減った人をHealすると強い
 ・通常HealはCast Healが中心、HoTは弱く、移動Healに弱い
 ・Healing CDはCast無しの使い勝手が良いものが多い
といった感じ。

プレイの難しさ、難しいポイントは、Healのプレイスタイルによって違ってきますが、
Chain Healを上手く使うことは共通して大切で、これがなかなか難しいです。

ただ、私がWoDでShamanを選んだ理由は、「Chain Healを使いたかったから!」なわけで、それは望むところ。
Chain Healを使いたいっていうのは、この動画の印象があるせいかもしれません。



で、Chain Healの話。

Chain HealはSmart Healです。
効率良く低Healthの味方をDirect Healしてくれるとても優秀な能力を持つ半面、
ものすごくManaを消費します(28.7%)。しかもCast時間が2.1~2.2秒前後ととても長く、
使う時はしっかりとHealing Doneを出したいスキルです。

ですから、多くのShamanは、Chain HealにGlyphを入れています。
Chain Healに3秒のCDがつくものの、跳ねる距離が2倍になるというものです。
毎回Maxの人数にChain Healを当てることで、マナ効率や使い勝手の悪さを抑えるわけです。

Healにも工夫が大切です。

Chain Healは最初にHealした人のHeal量が、次以降に跳ねるHeal量に影響を与えます。
最初のHealが強ければ強いほど、残りの跳ねるHealも強くなるわけです。
つまり、Healht 50% > 80% > 80%とチェインした場合と、80% > 50% > 80%とチェインした場合では、
前者の方がHeal量がでます(Overhealしなかったとして)。
Healthを減った人にChain Heal初弾を当てる。これがとても重要になります。
加えて、ShamanはMasteryで、Healthが減っている人ほど、
Heal量が上がるという特徴を持っているのも、これに拍車をかけます。

また、Riptideが入ったターゲットにChain Healを入れると25% Healling Doneがアップするので、
できることなら、Riptideも入れたいところです。

しかしながら、前述した通り、Chain HealのCast時間は2.1~2.2秒。
どのHealer Classも2.0秒あれば、1Castは終わるわけでして、自分以外のHealer 4人のうち、
1~2人が的確なHealをした場合、Chain Heal Cast開始時には50% Healthだった人が、
Cast終了時には95%以上まで回復、なんて悲劇ががおき、Rest Shamanは涙目になるわけです。

そこで、どうやって対応していくか。
書きつかれたので、また今度(今度があれば)。

Raid Talk(10) Iron Qon

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2014-10-7 18:08
前回の続きです。

Raid Leaderとして、時間短縮で大変だったのが、割り当てやCD担当決めです。
特に25man Raidは数が多くて大変でした。
Bossに到着してから考えていると、いつの間にか10分経過なんてのはザラです。
できるだけ、基本はRaid前に考えておいて、Trash掃除中に微調整、
Trash掃除が終わったら、Raid Chatでアナウンスしていました。

下記はToTの10th Boss Iron Qon(25 Heoric)の割り当てオーダーの一例です。

---ここから---

Yoshinm=Menbo, Poppo=Fruehling


右背面{star} = Gadagarr Dtrain Kusukusu Aguri
左背面{circle} = Yancos Muscarine Ramillia Quantren
左 = G4 + Menbo Hymne Sabone / 右 = G3 +Vantha Tohka Fruehling
北(左) = G4 / 中央 = G3 /南(右) = G5


Scorched = (3)Ramillia
Scorched = (3)Yancos, Musucarine / (4)Tohka / (5)Hymne / (6)Sabone+Poppo / (7)Aguri+Gadagarr


Scorched = (1)Sabone / (2)- / (3)- / (4)Musucarine, Kusukusu / (5)Aguri, Ramilia
Fist Smash = (1)Vantha / (2)HS, Menbo, Gadagarr / (3)Poppo / (4)Tohka / (5) HoP, Fruehling, Gadagarr(Cry) / (6)HS, Sabone, Hymne, Spris / (7)Aguri, Kusukusu, Ramilia

HoP Target
 Ramilia = Fiicus, Pairin
 Kusukusu = Shastra, Mdanka
 Vantha = Vantha, Hymne
 Menbo = Menbo, Tohka

---ここまで---

面倒くさい&字数の問題もあり、使うスキルの名前は省略して、使う順番とプレイヤー名を書いています。
上からHeal担当、各フェーズでのポジショニング、CDを使うタイミング、HoP使用時のターゲットとなっています。

ここはRaid Leaderの頑張りどころというか、知識が問われるところでした。
どのClassがどんなCDスキルを持っているのか、そのCDスキルの強さはどれくらいで、クールダウンは何分か。
クールダウンが間に合うかどうかは、BossのギミックとRaidのDPS、選んだ戦術に左右されますから、
その辺も把握して、バランス良く割り当てていく必要があります。

 ・強いスキルと弱いスキルを組み合わせてバランスを取る
 ・タイミングを間違えやすい人、間違えにくい人を組み合わせて事故を減らす
 ・強いスキルは早めに使って、2回割り当てるようにする
 ・参加率の良い人のスキルを、2回割り当てるようにする
 ・毎週の割り当てで大きな変更がないようにする。変更がある箇所は上手なプレイヤーを割り当てる

まず、Bossのギミックにしっかり対応するのが最優先。
その上で、どうすれば、安定したTry、安定したFarmになるか、を考えていました。

それから、マップ全体に広がっての戦闘になるので、Healerの立ち位置も指定しています。
Tank Healerをわけ、ClassないしHeal特性、プレイヤースキルを考慮して、バランス良く左右に分けます。


で。今回紹介する動画は、そのIron Qon 25man Heroicです。

 MKD Gaming vs Iron Qon(25H)
 https://www.youtube.com/watch?v=UuB0YlWNTSo&list=UUwFg1DpvXPgdZEH0my0lY5A



この動画のオープニングは、ある意味では、私の最高傑作です。
なぜなら・・・。

凝ったオープニングを持つRaid動画は、Youtubeにもたくさんアップロードされていますが、
これから戦うBossが踊っているものは、まずないでしょう!

Bossのダンスは、最後に絵を重ねているところは別として、編集による切り貼りはナシ。
ダンス部分は、長回しで撮っており、BGMにあわせて、手動でカメラ位置を動かしています。
マウスパット上で、変な方向に1cmでもマウスが動くと、Bossが画面から消えてしまうという、
とても難しい撮影でしたが、奇跡の一発撮り。

どうしてダンスを選んだのか。その答えは、「そこにダンスモーションがあったから」です。
Emote DanceがあるBossは、本当に稀で、それを見つけた時、その誘惑に勝てませんでした。

Raid Talk(9) The Lich King2

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2014-9-18 19:55
Raid Talk 第9回の動画はLK10Hです。





MKD Gaming vs Lich King(10H) 1/2
https://www.youtube.com/watch?v=JeHR4z5ZMSE&list=UUwFg1DpvXPgdZEH0my0lY5A

MKD Gaming vs Lich King(10H) 2/2
https://www.youtube.com/watch?v=Od4coV8iAYo&list=UUwFg1DpvXPgdZEH0my0lY5A

LK10H動画です。ちゃんとオープニングもつけています。
やはり苦労して倒したBossは、動画作りもモチベーションが高くなります。
特に私はWC3をがっつりプレイしていましたので、ストーリー的にも、LKは記憶に残るBossでした。

LK10Hは週にTryできる回数が50回と決まっていました。
通常、使い切ることはなかったですが、Extendした週は0までやった気がします。
でもって、Tryできる回数だけではなく、めちゃめちゃ難しいBossでもありました。
DPS要求、Heal要求も高いのですが、動きも求められるBossでした。
特にDefileなどは反応がシビアでした。日本からUSサーバへ接続するLagの影響に、愚痴ってました。

LK10Hのあまりの難しさに、これまでYogg0でも、OS3Drakeでもマイクを使わなかったPopoさんが、
初めてマイクをONにした、伝説のBossでもあります。
「今の誰の声?」「え、Poppoさん?」「Poppoさんがしゃべった!」という会話が続き、
その日のTryの開始が遅れた記憶があります。

この頃は、Youtubeに動画1本=10分以内という制限がありました(もしかすると、私のアカウントだけかもしれませんが)。
ですので、動画を前半と後半の二分割にしました。後半最初のBGMは、ドラマチックでお気に入りです。

エンディングにTry失敗動画を入れています。ちょっと見づらいですね。
当時は動画編集スキルも低く、ズームであったり、ポインタ表示やら、うまくできず。
今ならもっと上手に見せられるのに・・・と、ちょっと歯がゆいです。


さて、Raid Talkです。

ICCの25man Raidが、Raid Leaderとして一番きつかった、という話を以前書きました。
外人さんをゲストに迎えてプレイしていたせいはあるのですが、それに加えて、4時間Raidだったのも、きつかった理由です。
たしか、金曜日と土曜日の夜、22:00-26:00で25man Raidをやっていたと思います。
さすがに最後の1時間は集中力が落ちてきますし、何より、2時近くになってくると眠たいです。
金曜日の夜なんかは特にそうでした。寝落ちする人もチラホラいました。

Cataclysmでは、1日の最大Raid時間は3時間に減らしました。
その代わり、木曜日や日曜日も開催し、Progressのための時間を確保することにしました。
日替わりゲストが多かったWotlK時代の25manは、ゲストを含めた人数集めとそれに伴う各種調整の難しさから、
少ない日数でガツンとRaidをしないと、Progressを出すのが難しかったのですが、
Cataclysmで25manを固定メンバでやる・・・となって、平日開催もできるようになりました。

Raid Leaderとしては、Raidの時間の使い方は大事なところです。
「今何してるんだろう?」「何を待っているんだろう?」とメンバが感じる時間を、できるだけ減らしたいと考えていました。
効率よくプレイして良いProgressを出すためでもありますし、25人が楽しく、気持ちよく、遊ぶためにも、大切な要素です。
そもそも。25人もの人間が一緒に遊ぶというのが、結構贅沢な遊び方で「その時間を大切に使いたい」という気持ちもありました。

ですので、フォーラムで下記のことをお願いしていました。

---ここから----

3. 無駄な時間を作らない

25人もの人が集まるわけですから、どうしても時間の無駄が発生します。自分の都合で24人を5分待たせるということは、
5分x24人=120分の時間を奪うことだという意識でいて下さい。

 ・トイレや飲み物を取ってくるなどは、Raid前 or Raidの休憩時間に行う
 ・用事があってAFKする場合は、Boss Killの後(Boss戦の前は避ける)
 ・開始時間にはZone Inしている or 手前にいる状態にする(Summonを待たない)
 ・回線落ちや、Lagの影響を最小限にするため、パソコンやAddonの状態に気をつける
 ・無駄なWipeを作らない(開幕のAggroや、担当チェックミス)

---ここまで----

MKD Gamingでは、結構時間に厳しく運用していたと思います。
基本的に遅刻した人は待つことなく、待機してくれている人をいれました。
休憩時間が終わっても戻ってこない、という人は、やんわりも注意をしました。

ですが、フォーラムでのお願い事項の最後、「無駄なWipeを作らない(開幕のAggroや、担当チェックミス)」は
最後の最後まで良くある出来事でした!

それから、Raid Leaderとして、時間短縮で大変だったのが、割り当てやCD担当決めです。
特に25man Raidは数が多くて大変でした。
長くなったので、これについてはまた次回にでも。

Raid Talk(8) The Lich King

カテゴリ : 
World of Warcraft
執筆 : 
Blogger's Avatar  2014-8-25 12:50
Raid Talk 第8回の動画はLK25Nです。

 MKD Gaming vs Lich King(25) 1/2
 

 MKD vs Lich King(10N) 2/2
 

当時はBossの強さが25H>10H>25N>10Nという感じだったこともあり、
25man Raidクリア記念ということで、丁寧にオープニングから作っています。
これまでは撮っていた素材で動画を作っていることが多かったのですが、
この動画では動画用にちゃんと撮影をしていて、気合が入っています。
Trash掃除をしている時に勝手に撮っただけですけれど。

また、複数のPoVを採用しています。最初はHartackさん、次はSinginghinaですね。
動画でのPoVの切り替えは、違和感が出ない程度には、ゲーム内時間を合わせる必要がありますし、
撮影環境が違うので、画面サイズの調整など、少し手間がかかります。
気分が乗れば、PoV変更のタイミングで、BGMを変更したりすることもあります。

2/2のBGMはエースコンバットのBGMです。エースコンバットのBGMは壮大であったり、
ドラマチックな展開のものが多く、お気に入りです。別動画でも使っていたりします。

この動画の別バージョンとして、メンバのボイスチャット入り動画も作っていました。
URLを知っているメンバOnly(つまりはギルドメンバのみ)で公開しました。
やっぱり、ボイスチャット入りの方が盛り上がります。
Kandpさんが嬉しそうにしゃべってくれていたのを覚えています。


さて、Raid Talkです。

入団についての話をしましたが、その続きを少し。MKDに入団してくれる人は、大きく、3パターンに別れました。

 1. 1人で入団してくれる人
 2. 2人で入団してくれる人
 3. 3人+で入団してくれる人

1. 1人で入団してくれる人
1.は、一番多かったパターンです。
Raidメンバ募集には、Class/Role制限がありましたし、補充する形も多かった、必然的に多くなりました。

難しいのは、MKDという30人+のコミュニティに上手く参加していけるかどうかです。
私も気にかけてはいますが、限界があります。新しく入った人がJoinした時に、フレンドリーなメンバがどのくらいいるか、
本人がどれだけ積極的にコミュニティに関わってくれるかで、Raidへのモチベーションが大きく違ってきたように感じました。
1人で参加してくれたメンバのうち、50%くらいは3ヶ月以内に、Raidチームを去ったのではないでしょうか。
他Guildと比べられないので、多いのか少ないのかはわかりません。
入団条件の厳しさは定着率へ影響すると思いますし、後は入団したタイミングなんかも結構影響しそうです。

2. 2人で入団してくれる人
2.は、時々いました。
大抵の場合、男女のカップルです。直接聞いたりしないので、多分・・・ですが。
少なくても、2人でミニマムの楽しみ方ができるので、モチベーションが維持しやすく、
一度入団されると、長く遊んでくれる人が多かったです。
RLとしても、最初に「編成の都合で、2人一緒に遊べない日はあるよ」と説明はしていますが、
できるだけ2人一緒にRaidに参加できるよう調整はしました。

難しい面としては、2人同時にRaidをお休みすることが多いので、編成が難しくなることがある点でした。

3. 3人+で入団してくれる人
3.は、レアパターンです。
基本的には、所属していたGuildが解散して、複数人でMKDに入ってくれたというケースです。
すでにコミュニティがあるので、モチベーションが維持しやすく、長く&積極的に遊んでくれる人が多かったです。

難しい面としては、そのコミュニティの中で会話が完結してしまうケースがあること。
結果的にRaid/Guild Chatやボイスチャットの会話が減ってしまうことが、ある点です。
逆にその人たちによって、Raid/Guildの会話が盛り上がることもあるので、一長一短ですけどね。

どのパターンがGuild/Raid的に嬉しい・・・というのはなく、
いずれのパターンでも、積極的にMKDのコミュニティ、会話に参加してくれた人は、
短期参加/長期参加に関わらず、ありがたい&嬉しかったです。
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メインメニュー
リンク集
■WoW役立ちリンク
 ・MMO Champion
 ・World of Raids
 ・MaxDPS.com
 ・WoW Wiki
 ・WoW Pedia
 ・THOTTBOT
 ・Wowhead
 ・WoW-professions.com
 ・CURSE.com
 ・ArenaJunkies
 ・TankSpot
 ・WoW Insider
 ・elitistjerks
 ・ENSIDIA
 ・Paragon
 ・DPS Bot
 ・STATE of DPS
■Blizzard公式
 ・WoW公式
 ・Battle.net
■国内WoWサイト(情報)
 ・WoW覚書
 ・A Noob in WoW
 ・xurge's wow journey
■国内WoWサイト(Nerzhul)
 ・DORIFU
 ・MochikoのWoW日記
 ・Warhammer改めWoW放浪メモ
 ・GADACLYSM
 ・WoW Tips*
 ・Tamani, Tamino.
 ・思料淡々
■国内WoWサイト
 ・World of Warcraftと駄目親父
 ・Cat's Lair
 ・Star Light Mage Going Hell Way
 ・きょうもむるごあはへいわです
 ・WoW日和 ♪epy-world♪
 ・Dream in WoW
 ・Dunder Mifflin
 ・鶏丸
 ・BOKAI WoW!!!
 ・とらんすもぐもぐ
 ・うしこの部屋
 ・Amateur Hunter
 ・World of Warcraft で LOL
■国内WoW Guild
 ・Saintly Piglet
 ・Guild Vanquisher
 ・Divine Wind
 ・Guild A to Z
 ・Mikan
 ・mockingbird
 ・WASABI
 ・OnionWarriors
 ・YMMO
 ・Philosophy of Soul
 ・CTMA
 ・Aigis
 ・Harapeko Soul
 ・Mattari
 ・GoW
 ・Guild Wa
 ・Ultimate Triage
■国内WC3サイト
 ・WarCraft3雑記(仮)
 ・Warcraft yaranaika
 ・リトスバスターズ!
 ・今日の反省
 ・クラン2ch
■海外WC3サイト
 ・WCReplays.com
 ・Replays.net
 ・Gosugamer.net
■e-Sports
 ・negitaku.org
 ・ukeru.jp
 ・DHARMA POINT
 ・FragYou!
 ・SK-Gaming
 ・MeetYourMakers
 ・KODE5
 ・WCG
 ・ESWC
 ・ESL
■友達/その他
 ・No Life No Shaman
 ・だれもみない日記
 ・Maguronパラダイス
 ・おだやか日記
 ・ネットゲーム刃
 ・mugi
 ・The Great Strategy
 ・warcraft IIIchiko
 ・Bonjin Gamer Life
 ・MMブログ
 ・Turn of vlack jack
 ・Hogy用のネタ帳
 ・ALpha White: Blog
 ・わーくらにっき
 ・ぱんだでお願いします
 ・Alone in Battle.net
 ・coilnovaの日記
 ・COMU
 ・WaruroWiki
 ・Im Is MINTOSU
 ・Warcraft3攻略Blog
 ・ゲーマーなSE日記
 ・kumazon.com