著作権法がソーシャルメディアを殺す 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの著作権法がソーシャルメディアを殺す無料サンプル&試し読み


津田大介氏推薦!――「クールジャパン」関係者は全員本書を読んで猛省せよ! ツイッターで歌詞をつぶやくと有料、違法ダウンロードで2年以下の懲役か200万円の罰金、パロディ作品は認めない――ますます強化される日本の著作権法。いかにも権利者を保護する良法のようだが、じつはそんな単純なものではない。利用目的が公正であれば許諾はいらない「フェアユース」や「フェアディーリング」。この考え方こそ世界のトレンドなのである。日本は大きく遅れていると言わざるをえない。 グーグル、ヤフー、ユーチューブ、フェイスブック、クラウド……日本からこうした画期的な新サービスが育たないのは、じつは当然なのだ。検索サービスひとつとっても、事前許諾を要求する著作権法が壁になり、サービスの充実が図れないのだから。 何より日本の著作権法は、こうしたソーシャルメディアを通じてだれもがコンテンツを発表する時代にありながら、私たちユーザーの眠れる意欲と創造力を破壊しているのだ。文化保護どころか、文化破壊の悪法なのである。 その背後に潜むのが、立法・行政・司法と業界がつるんだ“著作権ムラ”。ここでも既得権は守られる。本書は彼らの正体と横暴を告発し、世界標準の法改正の必要性を提言する。



著作権法がソーシャルメディアを殺す無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


著作権法がソーシャルメディアを殺す詳細はコチラから



著作権法がソーシャルメディアを殺す


>>>著作権法がソーシャルメディアを殺すのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍を購入するというのは、ネットを通して情報を入手するということを意味します。サービスの提供が終了してしまったということがあると利用できなくなってしまいますから、何としても比較してから信頼できるサイトをチョイスしましょう。
BookLive「著作権法がソーシャルメディアを殺す」を積極的に使えば、家のどこかに本を置く場所を工面することは不要になります。最新刊が発売になってもショップに行くのも不要です。このようなメリットの大きさから、愛用者が増えているというわけです。
読み放題という形は、電子書籍業界でしか実現できないさながら画期的なトライアルなのです。利用者にとっても出版社側にとっても、魅力が多いということで注目されています。
買ってしまう前にあらすじを確認することができるのであれば、購入した後につまらなかったと後悔することが少ないはずです。本屋での立ち読みと同じで、BookLive「著作権法がソーシャルメディアを殺す」においても試し読みをするようにすれば、内容を確かめられます。
スマホを利用して電子書籍をダウンロードすれば、職場までの移動中や午後の休憩時間など、場所を選ばずに夢中になれます。立ち読みも簡単にできるので、店舗まで出向くことなど必要ありません。


著作権法がソーシャルメディアを殺すの詳細
         
作者名 著作権法がソーシャルメディアを殺す
著作権法がソーシャルメディアを殺すジャンル 本・雑誌・コミック
著作権法がソーシャルメディアを殺す詳細 著作権法がソーシャルメディアを殺す(コチラクリック)
著作権法がソーシャルメディアを殺す価格(税込) 699
獲得Tポイント 著作権法がソーシャルメディアを殺す(コチラクリック)