「年収6割でも週休4日」という生き方 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの「年収6割でも週休4日」という生き方無料サンプル&試し読み


経営者の最大の責務は、社員の生活を守ることです。石油に依存したグローバル経済はいずれ破綻し、日本経済も大幅に縮小する時代がやって来ます。そのときわれわれはどう生きるべきでしょうか。IT企業の経営者でもある著者は、古き良き日本の経営哲学を学びました。「経営者の最大の責務は、社員とその家族の生活を守ること」という信念のもと、たとえ業績が悪化しても、ひとりもリストラしないと全社員に約束しました。 最悪の場合は、社員と経営者の年収を6割まで減らすことも同時に言明しています。 しかし給料とは労働の対価です。一方的に減らすのは公正ではありません。そこで週休四日まで勤務時間を減らすことを提案しています。 こうして生まれた時間を使って、社員が自給自足的生活に移ることを著者は奨励し、その準備を支援しています。自らも石油に頼らずに自立する生活を始めています。 これは一企業のあり方にとどまりません。日本人が、これからの生き方を考えるときに、ひとつのモデルとなる考え方です。最後に日本が米国のカジノ経済から脱却しない限り、壊滅的な損害を受けることを指摘し、すぐにでもできる4つの経済政策を緊急提言しています。



「年収6割でも週休4日」という生き方無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「年収6割でも週休4日」という生き方詳細はコチラから



「年収6割でも週休4日」という生き方


>>>「年収6割でも週休4日」という生き方のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



読んだあとで「自分が思っていたよりもありふれた内容だった」ということがあっても、本は返すことなどできないのです。しかし電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、こうした事態を防ぐことができます。
不要なものは捨て去るという考え方が多くの人に認知されるようになった現在、本も書物形態で所持することなく、BookLive「「年収6割でも週休4日」という生き方」を経由して読む人が増え続けています。
電車に乗っている時も漫画を読んでいたいと望む人にとって、BookLive「「年収6割でも週休4日」という生き方」ほど便利なものはないと言っていいでしょう。スマホというツールをポケットの中に入れておくだけで、いつだって漫画が読めます。
超多忙な毎日でアニメを見る暇がないという方にとっては、無料アニメ動画がおすすめです。テレビ番組みたいに、毎回同じ時間に見る必要がないので、空き時間を活用して見ることが可能です。
「スマホは画面が小さいので読みにくくないのか?」と疑問符を抱く人もいるようですが、本当にBookLive「「年収6割でも週休4日」という生き方」をダウンロードしスマホで読むと、その利便性に驚愕する人が多いようです。


「年収6割でも週休4日」という生き方の詳細
         
作者名 「年収6割でも週休4日」という生き方
「年収6割でも週休4日」という生き方ジャンル 本・雑誌・コミック
「年収6割でも週休4日」という生き方詳細 「年収6割でも週休4日」という生き方(コチラクリック)
「年収6割でも週休4日」という生き方価格(税込) 648
獲得Tポイント 「年収6割でも週休4日」という生き方(コチラクリック)