これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveのこれから日本は4つの景気循環がすべて重なる。無料サンプル&試し読み


「ゴールデン・サイクル(黄金循環)」とは、短期、中期、長期、超長期の4つの景気循環のベクトルがすべて上向きになる状況を言います。著者である嶋中雄二氏ご自身が命名した言葉です。キッチン・サイクル(短期、在庫投資循環)とジュグラー・サイクル(中期、設備投資循環)が2012年に谷を付け、クズネッツ・サイクル(長期、建設投資循環)とコンドラチェフ・サイクル(超長期)がそれぞれ2010年と2001年に谷を付けて、現在は4つの波がすべて上昇局面に向かっているのです。過去において、わが国でゴールデン・サイクルが発生したのは、1.日露戦争時の1904~05年、2.第1次世界大戦時の1916年、そして第2次世界大戦後に入り、3.高度成長期における神武景気時の1957年、4.岩戸景気時の1960~61年、5.いざなぎ景気時の1967年の5回しかありません。日露戦争時から神武景気時までに経過した52年間と同様に、神武景気時から56年を経てやって来た今回のゴールデン・サイクルは、あたかも伊勢神宮と出雲大社の同時遷宮のように、私たち日本人に久々の夢と希望を与えてくれるものです。著者によれば、今後の10年間でゴールデン・サイクルが、2013年からの景気の盛り上がりを含めて計3回やってきます。もちろん、今更、高度成長の到来を願ったところで、そんな夢が叶うことはありえないでしょう。しかし、あの快進撃を可能にした日本人の前向きな姿勢には、今日の時代の私たちも参考になる点があることは確かです。アベノミクスによって、デフレの淵から再び立ち上がった日本経済の「再チャレンジ」の物語には、実はまだまだ続編があり、場合によっては、歴史的な勃興期につながる可能性も秘めているのです。【主な内容】プロローグ 遷宮と五輪と黄金循環第1章_ 「ゴールデン・サイクル」再び第2章_ 大底を打った、世界と日本のコンドラチェフ・サイクル第3章 _バブル期以来の上昇期を迎えた日本のクズネッツ・サイクル第4章_ 戦後7番目の「拡張優勢」局面に入ったジュグラー・サイクル第5章_第14、15循環の基準日付とキッチン・サイクル第6章 _もっと金融緩和を~異次元緩和への助走第7章_ アベノミクスと共に浮上する日本経済第8章_ ゴールデン・サイクル下の日本経済の姿エピローグ_2020年に夢をのせて



これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。詳細はコチラから



これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。


>>>これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



最初に試し読みをしておもしろい漫画かどうかを吟味した上で、不安感を抱くことなく購読できるのがネット上で買える漫画の特長です。先に内容を知ることが出来るので失敗の可能性が低くなります。
本を買う以前に、BookLive「これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。」上で試し読みを行う方が賢明だと思います。物語の中身や主要人物の雰囲気などを、前もって確認することができます。
コミックサイトの最大の特長は、扱っている冊数が本屋とは比較できないくらい多いということだと考えられます。在庫が残る心配が不要なので、多岐に及ぶ商品を扱うことができるわけです。
漫画が趣味であることを内緒にしておきたいと言う人が、この頃は増えていると言われます。自宅には漫画を持ち込むことができないという事情を抱えていたとしても、BookLive「これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。」の中なら他人に隠したまま漫画が読みたい放題です。
コミックと聞くと、「少年少女をターゲットに作られたもの」というイメージを持っているかもしれません。だけども今日びのBookLive「これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。」には、サラリーマン世代が「思い出深い」と言われるような作品も複数あります。


これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。の詳細
         
作者名 これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。
これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。ジャンル 本・雑誌・コミック
これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。詳細 これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。(コチラクリック)
これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。価格(税込) 1382
獲得Tポイント これから日本は4つの景気循環がすべて重なる。(コチラクリック)