黒い本 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの黒い本無料サンプル&試し読み


読み進めるごとに、恐怖が増していく「ご自由にお持ちください。ただしいかなることがあろうとも、返本は不可。何が起ころうとも当店は一切責任を持ちません」 怪奇作家・井之妖彦はある日、ぶらりと入った古書店のカウンターで一冊の本と出合う。黒い革張りの表紙、タイトルも何も記されていないその本には、店主による奇妙な但し書きだけが付いていた。いわくありげな文句につられた井之は早速その本を持ち帰り、最初の一話を読みはじめるのだが……。 フランス綴じになったページを切り裂けば、そこは奇々怪々な世界。現実と虚構が交錯する不気味な短編の最後には、「それ以上読むな」という万年筆の書き込みが…。 果たして「黒い本」の正体は何なのか? 黒い本の魔力にとりつかれた井之の運命は?●飯野文彦(いいの・ふみひこ)1961年、山梨県生まれ。早稲田大学卒業。1984年、『新作ゴジラ』(講談社)のノベライズ作品にてデビュー。『オネアミスの翼』(朝日ソノラマ)、『アークザラッド』(エニックス)などノベライズ作品を数多く手がける。『怪奇無尽講』(双葉社)や『ハンマーヘッド』(ティー・オーエンタテインメント)など個性的なホラー作品ではマニアックな評価が高い。その他には『「超」怖い物語』シリーズ(竹書房)、『影姫』シリーズ(角川書店)などがある。



黒い本無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


黒い本詳細はコチラから



黒い本


>>>黒い本のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画を入手するより先に、BookLive「黒い本」を活用して少し試し読みしてみるというのがセオリーです。物語の展開や登場する人物の容姿を、前もって把握できます。
書籍代は、1冊単位での価格で見れば安いと言えますが、たくさん購入してしまうと、月々の料金は高くなります。読み放題でしたら固定料金に抑えられるため、支出を抑制することができます。
CDをじっくり聞いてから買い求めるように、コミックも試し読みしてから購入するのが通例になってきたと言って間違いありません。無料コミックサイトで、気にしていたコミックを調査してみてもいいでしょう。
スマホを使用して電子書籍を買えば、バスでの移動中や午後の休憩時間など、いつでもどこでも楽しむことが可能だということです。立ち読みもできてしまうので、売り場に行くことは不要なのです。
コミックサイトは沢山あります。それらのサイトを入念に比較して、自分の希望に近いものをチョイスするようにしていただきたいです。そうすれば後悔することもなくなります。


黒い本の詳細
         
作者名 黒い本
黒い本ジャンル 本・雑誌・コミック
黒い本詳細 黒い本(コチラクリック)
黒い本価格(税込) 486
獲得Tポイント 黒い本(コチラクリック)