鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。『鎌倉年代記』は、安徳天皇の寿永二年(1183)から光厳天皇の正慶元年(1332)までの年代記。花園天皇を新院、後醍醐天皇・光厳天皇を今上と指しているから、1320~30年代の作である。各天皇の略伝を最上段におき、摂関・将軍・執権連署・六波羅探題について補任・略伝を下段にそれぞれ並べて年表風に配されている。折本で原題を欠く。包紙に鎌倉年代記とあるので、今それに従った。壬生家旧蔵、京都大学文学部国史研究室の貴重書である。朱書きで書込まれた武家法制史関係の資料のほか、裏書にはそれぞれの歳に起こった主な出来事を、今年正安元……の方式で書きとめてある。吾妻鏡以降の鎌倉の事件を探るには、この裏書の記事が欠くことの出来ないものである。本書の全体は、続群書類従雑部に『北条九代記』として収められているが、脱文・誤読が甚だしい。『武家年代記』は、高倉天皇の治承四年(1180)から後土御門天皇の明応八年(1499)までの年代記で、もとは巻子一巻であったものであるが、寛政九年(1797)、柳原紀光が家人に命じて写させた際に、便宜上三巻三冊に分けた本で、現在、宮内庁書陵部の所蔵となっている。上冊には、年代ごとに帝王・執柄の略歴を、中冊には、将軍・執権・六波羅・政所・問注所のそれを収め、下冊には、その裏書を載せている。かつて、経済雑誌社の『続国史大系』第五巻に吾妻鏡の附載として印刷されたこともあったが、新訂増補版では除かれてしまった。また、『鎌倉大日記』も前二者と同類のものであり、これらから表裏全文を収録することにより、利用者の便を計った。



鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記詳細はコチラから



鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記


>>>鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



昨今、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というプランが提供され人気を博しています。1冊いくらではなくて、1カ月毎にいくらという販売方式になっているのです。
コミックサイトは一つしか存在していないわけではありません。それらのサイトを可能な限り比較して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。そうすれば後悔することもなくなります。
無料電子書籍をDLしておきさえすれば、暇で暇で空き時間を持て余すなどということがなくなるのではないでしょうか?お昼休憩や電車やバスでの移動中などでも、そこそこ楽しむことができると思います。
本を買う代金は、1冊単位の値段で見れば高くはないかもしれませんが、何冊も買ってしまうと、月々の購入代金は膨らんでしまいます。読み放題でしたら定額になるので、書籍代を節減できるというわけです。
電子書籍を買い求めるというのは、オンライン情報を手に入れることだと言っていいでしょう。サービスの提供が終了してしまうと利用することができなくなるので、念入りに比較してから心配する必要のないサイトを選択しなければいけません。


鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記の詳細
         
作者名 鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記
鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記ジャンル 本・雑誌・コミック
鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記詳細 鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記(コチラクリック)
鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記価格(税込) 6048
獲得Tポイント 鎌倉年代記並びに裏書・武家年代記並びに裏書・鎌倉大日記(コチラクリック)