生命の河 : 原子病の話 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの生命の河 : 原子病の話無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。広島と長崎に原爆が落とされた時、永井博士は世界が原子力時代に入ったことを感じる。放射線医学者であり、長崎医科大学放射線科部長として散乱放射線に冒された上に、原爆による二重の放射能によって白血病患者となり、自らの体を「研究対象」にした博士以外にも、放射線治療の黎明期には、隣人愛のため真理探究のために、「科学の殉教者」として倒れた物理学者、医学者、技師、助手、看護婦は多くいた。彼らこそ真に平和の英雄であるという観点から、原子科学の原点に立ち戻って書かれた本書では、科学も科学技術も人間のために使われなければならないという著者の強い願いが、平易な文章で綴られる。人々を放射能障害から救うために、原子力と原子病について正しく深く知ることの必要性を説く永井博士の熱意が、科学者としての探究心と温かい人間愛に昇華して、行間に脈打つ。



生命の河 : 原子病の話無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


生命の河 : 原子病の話詳細はコチラから



生命の河 : 原子病の話


>>>生命の河 : 原子病の話のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



コミックの売り上げは、ここ数年低下している状況です。似たり寄ったりな営業戦略は捨てて、あえて無料漫画などを提案することで、新規ユーザー数の増大を目論んでいます。
コミックサイトの最大の強みは、ラインナップの数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということではないでしょうか?在庫を抱える心配がない分、多岐に及ぶ商品をラインナップできるのです。
登録している人の数が急激に増加してきているのが評判のコミックサイトです。数年前までは「形が残る単行本で買うのが良い」という人が大半でしたが、電子書籍という形で買って見るという人が増えつつあります。
今流行りの無料コミックは、スマホやタブレットで楽しむことが可能です。通勤途中、小休憩のとき、クリニックなどでの順番が来るまでの時間など、隙間時間に超簡単に読むことが可能なのです。
スマホで読むことのできる電子書籍は、一般的な書籍と違い表示文字のサイズを自分に合わせることができるため、老眼で近場が見えない高齢の方であってもサクサク読めるというメリットがあるというわけです。


生命の河 : 原子病の話の詳細
         
作者名 生命の河 : 原子病の話
生命の河 : 原子病の話ジャンル 本・雑誌・コミック
生命の河 : 原子病の話詳細 生命の河 : 原子病の話(コチラクリック)
生命の河 : 原子病の話価格(税込) 540
獲得Tポイント 生命の河 : 原子病の話(コチラクリック)