妖怪事典 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの妖怪事典無料サンプル&試し読み


「これ一冊あれば安心。安眠できます」水木しげる民俗資料、怪談集、随筆その他の日本の文献にみられる妖怪の事典。妖怪はすべて名称の五十音順で配列。妖怪は民間伝承、江戸時代までの文献によるものなどの出典から5つに分類して各妖怪ごとに分類番号を付した。極力一次資料にあたり、誤った妖怪情報を正すことをめざした、妖怪ファンには見逃せない決定版。著者略歴村上健司(むらかみけんじ)妖怪探訪家、全日本妖怪推進委員会・世話役。幼い頃から妖怪に興味を持ち、全戸校の妖怪伝承地を取材。主な著者は『京都妖怪紀行』、『日本妖怪散歩』(角川書店)他、水木しげる氏との共著『日本妖怪大事典』(角川書店)、京極夏彦氏・多田克己氏との共著『妖怪馬鹿』(新潮社)などがある。



妖怪事典無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


妖怪事典詳細はコチラから



妖怪事典


>>>妖怪事典のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「アニメにつきましては、テレビで視聴できるものを見るだけ」というのは前時代的な話でしょう。どうしてかと言いますと、無料アニメ動画をインターネット上で楽しむというスタイルが主流になってきているからです。
電子書籍も普通の本と同じで情報自体が商品となるので、イマイチでも返品はできないのです。だから面白いかを確認するためにも、無料漫画に目を通すことをおすすめします。
「電子書籍が好きになれない」という人も多くいますが、1回でもスマホにて電子書籍を読めば、その気楽さや購入の簡単さから抜け出せなくなる人が少なくないようです。
コミックは、読みつくしたあとにBookOffみたいな買取専門店に持参しても、殆どお金になりませんし、読み返そうと思った時に大変なことになります。スマホがあれば読める無料コミックなら、本をしまっておく場所が不要なので片付けに困るというようなことが皆無です。
BookLive「妖怪事典」が中高年層に根強い人気があるのは、まだ小さかった時に何度も読んだ作品を、改めて手っ取り早く見ることができるからに違いありません。


妖怪事典の詳細
         
作者名 妖怪事典
妖怪事典ジャンル 本・雑誌・コミック
妖怪事典詳細 妖怪事典(コチラクリック)
妖怪事典価格(税込) 1620
獲得Tポイント 妖怪事典(コチラクリック)