真実のM&A戦略 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの真実のM&A戦略無料サンプル&試し読み


M&Aが成功する確率は10~30%ときわめて低く、その大半が失敗している。なぜだろう。多くの場合、適切とはいえない買収先を選択しているばかりか、過剰な買収価格を支払っている。買収後の組織統合がまずいケースも少なくない。そして筆者らの主張によれば、被買収企業の経営資源を手に入れるためにM&Aに踏み切る──彼らはこれを「レバレッジ・マイ・ビジネスモデル」(自社のビジネスモデルのテコ入れ)型と呼ぶ──ことこそ、そもそもの間違いであるという。そうではなく、「リインベント・マイ・ビジネスモデル」型、すなわち自社のビジネスモデルを刷新するために、あるいはコモディティ化から逃れるために、他社の「破壊的ビジネスモデル」を買収すべきであるという。アップル、シスコシステムズ、EMCなど有名なケースを遡りながら、これまでの常識とは異なるM&A戦略を解説する。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2011年11月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。



真実のM&A戦略無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


真実のM&A戦略詳細はコチラから



真実のM&A戦略


>>>真実のM&A戦略のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



店舗では扱っていないであろう昔に出された本も、電子書籍なら購入できます。無料コミックのラインナップ中には、大人世代が若い頃に楽しく読んでいた漫画もいっぱい見受けられます。
日頃からよく漫画を読むという人からしますと、月に一定料金を払うことで満足するまで読み放題で閲覧することができるというサービスは、まさしく斬新と言っても過言じゃないでしょう。
連載している漫画は数十巻という冊数を買うことになりますから、事前に無料漫画で読んでチェックするという人が増加しています。やはりその場で書籍を買うというのはハードルが高いのでしょう。
読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界においてはそれこそ先進的とも言えるトライアルなのです。購入する側にとっても著者や出版社にとっても、メリットが多いということで、早くも大人気です。
電子書籍ビジネスには複数の企業が進出していますから、何としても比較してから「どの電子書籍お使用するのか?」を決定することが必要です。本の取扱量やコンテンツ、価格などをチェックすることが不可欠です。


真実のM&A戦略の詳細
         
作者名 真実のM&A戦略
真実のM&A戦略ジャンル 本・雑誌・コミック
真実のM&A戦略詳細 真実のM&A戦略(コチラクリック)
真実のM&A戦略価格(税込) 540
獲得Tポイント 真実のM&A戦略(コチラクリック)