そして、メディアは日本を戦争に導いた 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveのそして、メディアは日本を戦争に導いた無料サンプル&試し読み


昭和史の大家ふたりが、破局に突き進んだ「昭和の大転換期の真相」を明らかにした対談。タブー視され部分的にしか語られることのなかったジャーナリズムと国民自身の戦争責任について、真正面から取り上げている。そして昭和の歴史を振り返るだけでなく、時代状況が驚くほど似てきた現在へ警鐘を鳴らす。昭和初期、新聞は軍部の圧力に屈したのではなく、部数拡大のため自ら戦争を煽(あお)った。日露戦争時の「戦争に協力すると新聞が売れる」という教訓にしたがい、先頭に立って太鼓を鳴らし、日本を戦争へ導いたのである。しばらくは軍部に抵抗していた雑誌ジャーナリズムも同様の道をたどることとなった。国民の側も、5.15事件はじめテロを「義挙」として賞賛し、国連脱退を熱狂的に支持するなど、ひとりよがりな「正義」にとりつかれ冷静さを失っていった。言論人、文化人も狂騒状態に陥り、国際的孤立を歓迎した。ジャーナリズムのミスリードから、付和雷同しやすい民族性もあり、国民全体がなだれをうって破局への道を選択したのである。当時のこうした時代状況に、“現在”は驚くほど似ている。近現代史の「四〇年周期説」(37ページ)でいっても現在は、昭和初期に当たる。憲法改正の動き、ヘイトスピーチなどに見られる右傾化、新たな形での言論弾圧・テロなど、危険な兆候も増えてきた。にもかかわらず、あまりにも歴史を知らず危機感のないジャーナリストはじめ国民に対して、いちばん大事な「昭和史の教訓」をわかりやすく説いたのが本書である。



そして、メディアは日本を戦争に導いた無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


そして、メディアは日本を戦争に導いた詳細はコチラから



そして、メディアは日本を戦争に導いた


>>>そして、メディアは日本を戦争に導いたのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



スマホ経由で電子書籍を買えば、通勤途中や休憩中など、ちょっとした時間に読めます。立ち読みもできてしまうので、書店に立ち寄るまでもないということです。
電子無料書籍をうまく活用すれば、敢えてショップまで出掛けて中身をチラ見することは不要になります。そういったことをしなくても、「試し読み」で中身の確認ができるからなのです。
購入する前にある程度中身を知ることが可能であれば、購入してから後悔するようなことにはならないでしょう。一般的な書店での立ち読みと同じで、BookLive「そして、メディアは日本を戦争に導いた」におきましても試し読みをすれば、内容を把握できます。
利益が発生しない無料漫画を敢えて読めるようにすることで、ユーザーを増やし売上増に結び付けるのが販売会社にとっても目論みだと言えますが、当然ですが、ユーザーも試し読みをしてから購入の判断を下せるのでメリットがあります。
業務が多忙を極めアニメを視聴する時間が捻出できないなんて場合には、無料アニメ動画がおすすめです。毎回同じ時間帯に見る必要がないわけですから、暇な時間に楽しめます。


そして、メディアは日本を戦争に導いたの詳細
         
作者名 そして、メディアは日本を戦争に導いた
そして、メディアは日本を戦争に導いたジャンル 本・雑誌・コミック
そして、メディアは日本を戦争に導いた詳細 そして、メディアは日本を戦争に導いた(コチラクリック)
そして、メディアは日本を戦争に導いた価格(税込) 540
獲得Tポイント そして、メディアは日本を戦争に導いた(コチラクリック)