技術戦としての第二次世界大戦 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの技術戦としての第二次世界大戦無料サンプル&試し読み


戦前の日本軍のイメージとして、「精神主義」「白兵思想」がよく挙げられるが、果たして本当だろうか?技術力を軽視し、「明治に制定された38式歩兵銃をいつまでも使い続けた」という批判は今でも根強いものがある。しかしそれは当時、世界的に見ればごく普通のことで決して日本軍だけの珍しい例ではなく全くの誤解である。本書は、「第二次世界大戦での日本の軍事技術力はいかなるレベルにあったのか?」「戦争の敗因は一体どこにあったのか?」を、“技術戦”という新たな視点で説き明かした白熱の対談だ。戦車・飛行機・大砲・小銃・自動車など陸戦兵器を中心に、その性能や戦略、開発の背景を、主な対戦国である“米英中ソ”の4ヵ国と徹底比較していく。「誤解された38式歩兵銃」「手榴弾を愛した敵軍」「日本製戦車のセンス」「インパール作戦は『悪い見本』か?」など、激戦の意外な真実が見えてくる!『技術戦としての第二次大戦』を改題。



技術戦としての第二次世界大戦無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


技術戦としての第二次世界大戦詳細はコチラから



技術戦としての第二次世界大戦


>>>技術戦としての第二次世界大戦のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「サービスの比較はせずに選択してしまった」と言う人は、無料電子書籍はどこも変わらないという感覚を持っているのかもしれないですが、サービスの充実度は会社によって異なりますので、しっかりと比較することは重要です。
新作が発表されるたびに漫画を購入すると、近い将来収納しきれなくなるという問題が生じます。しかしDL形式のBookLive「技術戦としての第二次世界大戦」であれば、保管場所に困ることは一切ないので、いつでも気軽に読めます。
一般的な書店では、スペースの関係で扱える漫画の数に制約が出てしまいますが、BookLive「技術戦としての第二次世界大戦」だったらこのような限りがないため、一般層向けではない書籍も数多く用意されているのです。
重度の漫画好きな人からすると、コレクション品としての単行本は大事だと思いますが、手軽に読みたいという人だとすれば、スマホで楽しむことができるBookLive「技術戦としての第二次世界大戦」の方がいいでしょう。
コミック本というものは、読み終わった後に本買取専門店などに売りさばこうとしても、二束三文にしかなりませんし、もう一度読みたいときに読めなくなります。スマホで使える無料コミックなら、置き場所はいらないから片付けに苦労しません。


技術戦としての第二次世界大戦の詳細
         
作者名 技術戦としての第二次世界大戦
技術戦としての第二次世界大戦ジャンル 本・雑誌・コミック
技術戦としての第二次世界大戦詳細 技術戦としての第二次世界大戦(コチラクリック)
技術戦としての第二次世界大戦価格(税込) 600
獲得Tポイント 技術戦としての第二次世界大戦(コチラクリック)