評価・診断 心理学辞典 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの評価・診断 心理学辞典無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。評価・診断と言っても、その対象は知能、人格・性格、適性、学力や適応、欲求、対人関係など様々な側面に広がり、方法の種類も面接、観察の技法から評定法、質問紙法、投影法、パフォーマンス・テストと多彩である。本辞典はこうした現状を踏まえてこの分野を学ぶ学生や研究者、実務として評価・診断を必要とする臨床関係者、教育現場や人事担当者の人々などを対象に、理論・実用の両面にわたって辞書として、また便覧として、評価・診断心理学の適切な理解・応用の助けとなることを目指して編集されている。本辞典は、大きく「事項編」と「検査編」から成っている。事項編には人名を含め約800の項目が“あいうえお”順に並んでいる。検査編では、代表的な心理検査の検査法について解説している。取り上げた項目は領域ごとに整理する方針を取っている。領域は(1)教育評価、(2)学力、(3)知能、(4)発達、(5)人格・性格、(6)適性、(7)人事管理、(8)臨床、(9)障害、(10)検査、(11)関連心理学、(12)測定法、(13)研究法である。



評価・診断 心理学辞典無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


評価・診断 心理学辞典詳細はコチラから



評価・診断 心理学辞典


>>>評価・診断 心理学辞典のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「評価・診断 心理学辞典」を活用すれば、自分の家に本棚を用意する事は不要です。新刊が出たからと言って本屋に立ち寄るのも不要です。こうした背景から、サイトを利用する人が増え続けているのです。
話題のタイトルも無料コミックを利用することで試し読みが可能です。スマホやモバイルノートで読むことができますから、秘密にしておきたい・見られると困る漫画も内緒で読むことができます。
老眼が進んだために、近くにあるものが見えにくくなってしまったという読書が好きな高齢者には、スマホ上で電子書籍が読めるというのはすごいことなのです。フォントの大きさを変更できるからです。
コミックを購読するより先に、BookLive「評価・診断 心理学辞典」のサイトである程度試し読みをするというのが今では一般的です。大体の内容やキャラクターの風体を、課金前に知ることができます。
「小さなスマホの画面では迫力が半減するのでは?」とおっしゃる人がいることも認識しておりますが、現実的にBookLive「評価・診断 心理学辞典」をDLしスマホで読めば、その手軽さに驚くでしょう。


評価・診断 心理学辞典の詳細
         
作者名 評価・診断 心理学辞典
評価・診断 心理学辞典ジャンル 本・雑誌・コミック
評価・診断 心理学辞典詳細 評価・診断 心理学辞典(コチラクリック)
評価・診断 心理学辞典価格(税込) 5184
獲得Tポイント 評価・診断 心理学辞典(コチラクリック)