危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10) 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)無料サンプル&試し読み


中国の成長神話を脅かす不安要因とは?下方修正される成長率、金融不安を引き起こす「影の銀行」――。借金漬けのまま低成長を迎えた中国経済は、すでに「危険水域」に入った!*この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年7月2日号」に掲載した特集などから記事を抜粋して編集しています。<内容>1、水増し中国経済、成長率3.6%の衝撃2、シャドーバンキングという時限爆弾3、改革の抵抗勢力、国有企業の胸算用4、成長優先で「和諧」の夢が破れるとき5、経済弱体化で中国はますます危なくなる



危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)詳細はコチラから



危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)


>>>危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



本の販売不振が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は核心的なシステムを導入することにより、利用者数を増やしつつあります。今までになかった読み放題という利用の仕方がそれを成し得たのです。
無料コミックだったら、検討中の漫画の最初だけを試し読みでチェックすることが可能なのです。決済する前に漫画の展開をそこそこ把握できるので、非常に人気を博しています。
「詳細を理解してから買い求めたい」と考えている利用者からすれば、無料漫画というものは良い所だらけのサービスに違いありません。運営者側からしても、ユーザー数の増加に結び付くはずです。
ユーザーの数が急激に増えているのがコミックサイトなのです。かつては「漫画は単行本を買って読まなくちゃ!」という人が圧倒的多数でしたが、電子書籍の形態で買って堪能するという人が増えているようです。
漫画好きだということを他人に知られたくないという人が、ここ数年増加しているとのことです。家に漫画を持ち込むことができないとおっしゃる方でも、BookLive「危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)」なら誰にも悟られずに漫画が楽しめます。


危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)の詳細
         
作者名 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)ジャンル 本・雑誌・コミック
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)詳細 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)(コチラクリック)
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)価格(税込) 270
獲得Tポイント 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)(コチラクリック)