ポツダム看護婦 (下) 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveのポツダム看護婦 (下)無料サンプル&試し読み


「日本軍は負けた。生きて国へ戻るため、君たちは、看護婦に化けなさい」 太平洋戦争末期、南方艦隊司令部に従軍していた女性タイピストたち。戦地・インドネシアで終戦を迎えた彼女らは、「人身保護」のため看護婦に転身。密かに日本への復員を待ち続ける…。 知られざる歴史がついに明かされる、感動のノンフィクション作品。 本書は、数奇な運命をたどり、戦地をくぐり抜け、青春時代を送った二人の女性の物語である。第5章 バリクパパンでの生活第6章 敗戦の序曲第7章 ポツダム宣言第8章 ポツダム看護婦への転身第9章 囚われの地・プジョン第10章 帰国への途第11章 久しぶりに見た日本●村上和巳(むらかみ・かずみ)1969年、宮城県生まれ。中央大理工学部卒。医療専門紙記者を経て、現在は国際紛争、安全保障、医療・科学技術などを取材するフリージャーナリスト。著書に『化学兵器の全貌』(三修社)、『大地震で壊れる町、壊れない町』(宝島社)、共著に『戦友が死体となる瞬間 戦場ジャーナリスト達が見た紛争地』(三修社)、『タリバン戦争の謎』(祥伝社)など。最近は東日本大震災に専念。震災関連共著『3.11絆のメッセージ』(東京書店)、『風化する光と影 東日本大震災特別レポート』(マイウェイ出版)。国際ジャーナリスト連盟(IFJ)2012 JAPAN AWARD 東日本大震災部門奨励賞受賞。



ポツダム看護婦 (下)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ポツダム看護婦 (下)詳細はコチラから



ポツダム看護婦 (下)


>>>ポツダム看護婦 (下)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



本や漫画類は、本屋で中身を見て買うことにするかどうかを確定する人が大半です。けれども、近頃はとりあえずBookLive「ポツダム看護婦 (下)」で無料で試し読みして、それを買うのか買わないのか判断するという方が増えつつあります。
「車内で漫画を持ち出すなんて考えられない」と言われる方でも、スマホに直接漫画を保管しておけば、羞恥心を感じることから解放されます。こうしたところがBookLive「ポツダム看護婦 (下)」のイイところです。
「どのサイトで書籍を入手するか?」というのは、想像以上に大事なポイントになると考えます。料金とかシステムなどが違うのですから、電子書籍と言いますのは比較検討しなければならないと思います。
「大筋を把握してから購入したい」という意見をお持ちの方々にとって、無料漫画と申しますのは利点だらけのサービスだと言って間違いないのです。販売者側からしても、新しいユーザー獲得が可能となります。
書籍の購入費用は、1冊1冊の単価で見ればそんなに高くないですが、何十冊も買えば月々の購入代金は高額になります。読み放題でしたら定額になるため、出費を節減できます。


ポツダム看護婦 (下)の詳細
         
作者名 ポツダム看護婦 (下)
ポツダム看護婦 (下)ジャンル 本・雑誌・コミック
ポツダム看護婦 (下)詳細 ポツダム看護婦 (下)(コチラクリック)
ポツダム看護婦 (下)価格(税込) 378
獲得Tポイント ポツダム看護婦 (下)(コチラクリック)