龍馬のピストル 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの龍馬のピストル無料サンプル&試し読み


幕末きっての英雄・坂本龍馬が、北辰一刀流の剣豪ながら短銃を愛用し、寺田屋事件では包囲する幕吏に発砲して難を逃れた話はよく知られている。「スミス&ウェッソン第II型」、通称アーミー・モデル、中折れ式の回転式連発銃(リボルバー)である。スミス&ウェッソン社は、1852年に設立されたアメリカ合衆国最大の銃器メーカー。映画「ダーティー・ハリー」でキャラハン刑事が愛用する「44マグナム」などを開発している。創業まもない同社のピストルを、幕末のヒーロー・坂本龍馬が愛用していたことは、それだけでロマンを掻き立てられる。本作品は、寺田屋事件に始まり、龍馬とお龍の薩摩へのハネムーン、その後の薩長連合・大政奉還での活躍を経て、近江屋での暗殺に至る龍馬の疾風のごとき生涯を、「龍馬のピストル」の数奇な“運命”とともに描いた長篇小説である。龍馬の死後、彼の手を離れて流転するピストルの後日譚も印象的な傑作となっている。



龍馬のピストル無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


龍馬のピストル詳細はコチラから



龍馬のピストル


>>>龍馬のピストルのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画などは、お店で触りだけ読んで買うかを決断する人がほとんどだと聞いています。でも、この頃はまずはBookLive「龍馬のピストル」で1巻のみ買ってみて、それを買うのか買わないのか判断する人が増えているとのことです。
どんな物語かが分からないまま、タイトルだけで読もうかどうかを決定するのは危険です。タダで試し読みができるBookLive「龍馬のピストル」というサービスを利用すれば、ある程度中身を確認してから購入の判断が下せます。
スマホやパソコンを使い電子書籍をダウンロードすれば、通勤途中や休憩中など、好きなタイミングでエンジョイできます。立ち読みもできるため、書店に立ち寄ることなど必要ありません。
コミックの売れ行き低迷が指摘される中、電子書籍は今までにない仕組みを採り入れることにより、ユーザー数を増加させつつあります。既存の発想にとらわれない読み放題という利用の仕方がそれを成し得たのです。
スマホを持っていれば、BookLive「龍馬のピストル」を気軽に満喫できるのです。ベッドで横になりつつ、目が重くなるまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いとのことです。


龍馬のピストルの詳細
         
作者名 龍馬のピストル
龍馬のピストルジャンル 本・雑誌・コミック
龍馬のピストル詳細 龍馬のピストル(コチラクリック)
龍馬のピストル価格(税込) 1279
獲得Tポイント 龍馬のピストル(コチラクリック)