僕の見た「大日本帝国」 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの僕の見た「大日本帝国」無料サンプル&試し読み


知られざる反日と親日のリアルとは? 教わらなかった歴史と出会う旅 サハリン(樺太)の南半分、台湾、韓国、北朝鮮、ミクロネシア(旧南洋群島)、中国東北部(旧満州)。明治の半ばから昭和二〇年の終戦前後までの時代、それらの国・地域は「大日本帝国」と称していた日本の統治下に置かれていたという共通項を持つ。 戦後半世紀以上たった今日でも、古くからかつて日本の領土だったそれらの国・地域には、日本語、日本建築、鳥居、神社、日本精神、残された日本人……と、さまざまな形で日本統治時代の痕跡=「日本の足あと」が残っているのだった。僕は、大日本帝国の領土だった各地に「日本の足あと」を探す旅を始めた。 ニュートラルな視点で「過去と現在」を見つめる、みずみずしい旅人の感性と思考が、報道されない「反日と親日」の現状とアジアの人びとの心を鮮やかに描き出す傑作。反日で揺れる竹島ルポも収録。第4回新潮ドキュメント賞最終候補作。プロローグ ジャパニーズ・エンパイア



僕の見た「大日本帝国」無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


僕の見た「大日本帝国」詳細はコチラから



僕の見た「大日本帝国」


>>>僕の見た「大日本帝国」のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍に限っては、気が付いたころには金額が高くなりすぎているということが十分あり得るのです。一方で読み放題というものは月額料が固定なので、どれだけ読了したとしても料金が高くなることはありません。
書籍の販売低下が製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを提案することにより、新規利用者を増やしています。今までは絶対になかった読み放題という販売方法がそれを成し得たのです。
「漫画が増えすぎて難儀しているので、購入を諦めてしまう」といった事態にならないのが、BookLive「僕の見た「大日本帝国」」のメリットです。どんどん大人買いしても、スペースを心配せずに済みます。
数多くのサービスに負けることなく、こんなにも無料電子書籍サービスというものが広まっている要因としましては、普通の本屋が減少傾向にあるということが言われています。
スマホを持っている人なら、いつでも漫画を読むことができるのが、コミックサイトの強みです。1冊単位で買うスタイルのサイトや1カ月単位の料金制のサイトがあります。


僕の見た「大日本帝国」の詳細
         
作者名 僕の見た「大日本帝国」
僕の見た「大日本帝国」ジャンル 本・雑誌・コミック
僕の見た「大日本帝国」詳細 僕の見た「大日本帝国」(コチラクリック)
僕の見た「大日本帝国」価格(税込) 756
獲得Tポイント 僕の見た「大日本帝国」(コチラクリック)