近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと無料サンプル&試し読み


日本で内閣制度が創設されて以来、今日まで127年余り、その間に誕生した首相は62人におよぶ。その中で石橋湛山ほど異色な人物はいない。湛山は稀代の政治家であったが、同時に卓越した思想家でもあった。彼に匹敵する政治家は存在しない。その湛山を育成したのが日本を代表する経済誌『東洋経済新報』(現在は『週刊東洋経済』)である。 著者の松尾尊兌は、39歳のときに初めて『新報』の存在を知ったが、それ以来ほぼ半世紀近くにわたり、日本の民主主義と自由主義の発展に対する『新報』の寄与について多くの論文や文章を書いてきた。氏の代表的な作品は、『大正デモクラシー』(岩波書店、1974年)、『本倉』(みすず書房、1983年)、『大正デモクラシーの群像』(岩波書店、1990年)、『民主主義と帝国主義』(みすず書房、1998年)、『わが近代日本人物誌』(岩波書店、2010年)などに収録されているが、本書には、原則として、それらの著書に含まれなかった数多くの文章が4部構成で収められている。



近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと詳細はコチラから



近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと


>>>近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びとのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「電車で移動中にコミックを読むのは躊躇してしまう」、そういった方でもスマホ本体に漫画をダウンロードしておけば、恥ずかしい思いをすることがなくなります。この点がBookLive「近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと」の長所です。
日頃より沢山漫画を買うとおっしゃる方にとりましては、一定の月額費用を納めることによって何冊であっても読み放題という形でエンジョイできるという購読方法は、まさしく斬新だと捉えられるでしょう。
人気作も無料コミックで試し読みができます。所有しているスマホで読めるので、自分以外に知られたくないとか見られたくない漫画もこっそりと楽しむことができるのです。
電子書籍のデメリットとして、気付くと利用代金がすごい金額になっているということが十分考えられます。でも読み放題であれば毎月の利用料が一定なので、何タイトル読もうとも利用料金が高額になることはありません。
マンガの売上は、ここ何年も低下している状態です。他社と同じようなマーケティングに捉われることなく、積極的に無料漫画などを提供することで、新たな顧客の獲得を企図しています。


近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びとの詳細
         
作者名 近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと
近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びとジャンル 本・雑誌・コミック
近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと詳細 近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと(コチラクリック)
近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと価格(税込) 2937
獲得Tポイント 近代日本と石橋湛山―『東洋経済新報』の人びと(コチラクリック)