真・大東亜戦争(16) 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの真・大東亜戦争(16)無料サンプル&試し読み


World War II 1944 皇国ノ興廃此ノ一戦ニアリ 優勢に戦いを推し進めてきた帝国陸海軍だったが、敵の戦意を挫く決め手を打てぬまま、今では圧倒的な物量を誇る連合軍に圧迫され始めている。 一九四四年(昭和一九年)七月七日を期して発令された作戦「回天」の名称には、窮地に立たされつつある状況を一気に転換させようとの意味が込められていた。 迫りくるアメリカの大艦隊を前に、旗艦「大淀」の艦橋は騒然としている。(皇国の興廃は此の一戦にあり……か) 小沢はマストに翻るZ旗を見つめ、汗ばむ手をぐっと握り締めた。 同じころ、遠く離れた霞ヶ関の大東亜大臣室で、西条は珍しく大きく息をついた。(この戦いの帰趨がすべてを決めることになる。文字どおり一世一代の大勝負。小沢中将、我々の明日はあなたの、あなたたちの肩にかかっています) 七月九日、午前六時四四分、空前絶後の海空戦が始まろうとしていた。 ノンフィクション作家・林信吾と軍事ジャーナリスト・清谷信一が共同執筆した、大長編・架空戦記、その第16巻の登場!●林 信吾(はやし・しんご)1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)など、著書多数。『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)などは電子版も配信されている。●清谷信一(きよたに・しんいち)1962年生まれ、東海大学工学部卒。軍事ジャーナリスト、作家。2003~08年まで英国の軍事専門誌『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』日本特派員を務める。香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関KanwaInformation Center上級アドバイザー、日本ペンクラブ会員。欧州、中東、南アフリカなど豊富な海外取材とネットワークをベースにした防衛産業の分析には定評がある。著書に、『防衛破綻』(中公新書ラクレ)、『専守防衛』(祥伝社新書)『自衛隊、そして日本の非常識』(河出書房新社)、『弱者のための喧嘩術』(幻冬舎アウトロー文庫)、『こんな自衛隊に誰がした!』(廣済堂)、『不思議の国の自衛隊』(KKベストセラーズ)、『ル・オタク―フランスおたく物語』(講談社文庫)、『軍事を知らずして平和を語るな』(石破 茂氏との共著 KKベストセラーズ)、『アメリカの落日』(日下公人氏との共著 廣済堂)など多数。



真・大東亜戦争(16)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


真・大東亜戦争(16)詳細はコチラから



真・大東亜戦争(16)


>>>真・大東亜戦争(16)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



常日頃よりたくさん漫画を読むと言われる方からすれば、月極め料金を納めれば何冊でも読み放題という形で閲覧できるという仕組みは、まさしく革命的と言っても過言じゃないでしょう。
読むべきかどうか迷い続けている作品がある場合には、BookLive「真・大東亜戦争(16)」のサイトでお金のかからない試し読みをすることをおすすめしたいですね。読むことができる部分を見て面白いと感じなければ、決済しなければ良いだけです。
少し前のコミックなど、ショップではお取り寄せしなくては手元に届かない書籍も、BookLive「真・大東亜戦争(16)」の形で多数並べられていますから、どんな場所でもダウンロードして楽しむことができます。
「大体のストーリーを確認してからお金を払いたい」と思っている方々にとって、無料漫画と申しますのはメリットの大きいサービスに違いありません。販売者側からしても、新規利用者獲得に結び付くわけです。
閲覧者数が著しく伸びているのが、最近のBookLive「真・大東亜戦争(16)」です。スマホだけで漫画を味わうことが可能なので、面倒な思いをして本を持ち歩くことも不要で、持ち運ぶ荷物を減らせます。


真・大東亜戦争(16)の詳細
         
作者名 真・大東亜戦争(16)
真・大東亜戦争(16)ジャンル 本・雑誌・コミック
真・大東亜戦争(16)詳細 真・大東亜戦争(16)(コチラクリック)
真・大東亜戦争(16)価格(税込) 486
獲得Tポイント 真・大東亜戦争(16)(コチラクリック)