真・大東亜戦争(8) 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの真・大東亜戦争(8)無料サンプル&試し読み


World War II 1941 米国ニ宣戦ヲ布告スル「メキシコへ武器供与に向かう、日本の輸送艦隊を阻止せよ!」 一一月二五日午前五時三〇分。アカプルコ沖一八〇海里地点。海戦はこちらの勝利で終わった。B‐24一三機が撃墜され、被害も決して軽徴ではなかったが、日本艦隊を一掃した。「わが国に逆らおうとする国はこうなるのだ」 ルーズベルトはうそぶいたが、国際世論はむろん、自国民にまで非難されるありさまで、開戦を目論む大統領の思惑は外れた。「しかし……」 米太平洋艦隊司令長官キンメルは嘆息した。 開戦が避けられたといって、警戒態勢を解除するわけにもいかない。(ヤマモトは本当に来るのだろうか……ここハワイに) そして……。 両国の運命を変える瞬間は、突然やってきた。 ノンフィクション作家・林信吾と軍事ジャーナリスト・清谷信一が共同執筆した、大長編・架空戦記、その第8巻の登場!●林 信吾(はやし・しんご)1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)など、著書多数。『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)などは電子版も配信されている。●清谷信一(きよたに・しんいち)1962年生まれ、東海大学工学部卒。軍事ジャーナリスト、作家。2003~08年まで英国の軍事専門誌『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』日本特派員を務める。香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関KanwaInformation Center上級アドバイザー、日本ペンクラブ会員。欧州、中東、南アフリカなど豊富な海外取材とネットワークをベースにした防衛産業の分析には定評がある。著書に、『防衛破綻』(中公新書ラクレ)、『専守防衛』(祥伝社新書)『自衛隊、そして日本の非常識』(河出書房新社)、『弱者のための喧嘩術』(幻冬舎アウトロー文庫)、『こんな自衛隊に誰がした!』(廣済堂)、『不思議の国の自衛隊』(KKベストセラーズ)、『ル・オタク―フランスおたく物語』(講談社文庫)、『軍事を知らずして平和を語るな』(石破 茂氏との共著 KKベストセラーズ)、『アメリカの落日』(日下公人氏との共著 廣済堂)など多数。



真・大東亜戦争(8)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


真・大東亜戦争(8)詳細はコチラから



真・大東亜戦争(8)


>>>真・大東亜戦争(8)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



利用者の人数が急に増加しているのがBookLive「真・大東亜戦争(8)」なのです。スマホで漫画を購入することが簡単にできるので、面倒な思いをして本を持ち運ぶことも不要で、外出時の荷物を減らすことができます。
コミックサイトは山ほどあります。それらのサイトを必ず比較して、自分に適したものをセレクトするようにしていただきたいです。そうすれば後悔することもなくなります。
1ヶ月分の月額料を払ってしまえば、多岐にわたる書籍をどれだけでも閲覧することができるという読み放題コースが電子書籍で大人気です。一冊単位で購入せずに読めるのが一番のポイントです。
「生活する場所に置くことができない」、「持っていることも隠すべき」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive「真・大東亜戦争(8)」を賢く利用することで誰にも内緒のままで読み放題です。
無料コミックであれば、買った方が良いかどうか迷っている漫画の一部分をタダで試し読みするということができます。前もって漫画の展開を大雑把に確かめることができるので、利用者にも大好評です。


真・大東亜戦争(8)の詳細
         
作者名 真・大東亜戦争(8)
真・大東亜戦争(8)ジャンル 本・雑誌・コミック
真・大東亜戦争(8)詳細 真・大東亜戦争(8)(コチラクリック)
真・大東亜戦争(8)価格(税込) 486
獲得Tポイント 真・大東亜戦争(8)(コチラクリック)