真・大東亜戦争(4) 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの真・大東亜戦争(4)無料サンプル&試し読み


World War II 1941 帝国陸海軍砂塵燃ユル地ニ現ワル「大臣ねえ……あんまり性に合いませんなあ」 軍需省次官西条英俊は不機嫌そうに答える。 かねてから辞意を漏らしていた近衛文麿。内閣の総辞職にともない、東条英機陸軍大臣を首班とする戦時内閣が誕生した。内閣最優先の課題にあげられたのは、軍需省の強化である。予算のみならず、兵器の開発や調達、さらには徴兵や徴用に関しても監督・指導しうる権限。陸海軍を統括する「事実上の国防省」としてその存在価値が急速に高まりつつあった。 強大な権力を手にする以上、陸海軍どちらから大臣を出しても問題が生じる。よって、同省初代次官たる西条に白羽の矢が立ったのである。 新たな総理のもと、最良の頭脳集団が集結する。 ノンフィクション作家・林信吾と軍事ジャーナリスト・清谷信一が共同執筆した、大長編・架空戦記、その第4巻の登場!●林 信吾(はやし・しんご)1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)など、著書多数。『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)などは電子版も配信されている。●清谷信一(きよたに・しんいち)1962年生まれ、東海大学工学部卒。軍事ジャーナリスト、作家。2003~08年まで英国の軍事専門誌『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』日本特派員を務める。香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関KanwaInformation Center上級アドバイザー、日本ペンクラブ会員。欧州、中東、南アフリカなど豊富な海外取材とネットワークをベースにした防衛産業の分析には定評がある。著書に、『防衛破綻』(中公新書ラクレ)、『専守防衛』(祥伝社新書)『自衛隊、そして日本の非常識』(河出書房新社)、『弱者のための喧嘩術』(幻冬舎アウトロー文庫)、『こんな自衛隊に誰がした!』(廣済堂)、『不思議の国の自衛隊』(KKベストセラーズ)、『ル・オタク―フランスおたく物語』(講談社文庫)、『軍事を知らずして平和を語るな』(石破 茂氏との共著 KKベストセラーズ)、『アメリカの落日』(日下公人氏との共著 廣済堂)など多数。



真・大東亜戦争(4)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


真・大東亜戦争(4)詳細はコチラから



真・大東亜戦争(4)


>>>真・大東亜戦争(4)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



様々なジャンルの本を多数読むという読書マニアにとって、次から次に買うのは経済的な負担が大きいものと思われます。けれども読み放題でしたら、本代を縮減することができるので負担が軽くなります。
多くの書店では、売り物の漫画の立ち読みを阻止するために、シュリンクをするケースが多いです。BookLive「真・大東亜戦争(4)」を活用すれば試し読みが可能ですから、物語のあらましを理解してから購入することができます。
無料コミックであれば、購入しようか悩んでいる漫画の冒頭部分を無料で試し読みすることが可能になっています。前もって話の中身を一定程度認識できるので、高い評価を受けています。
鞄を極力持たない男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍が閲覧できるというのはとても便利なことです。ある意味ポケットに入れて書籍を持ち運ぶことができるわけです。
多忙でアニメを見るだけの余裕がないという場合には、無料アニメ動画が役に立つでしょう。テレビ番組みたいに、毎回同じ時間に視聴することは要されませんので、寝る前の時間などに見ることが可能です。


真・大東亜戦争(4)の詳細
         
作者名 真・大東亜戦争(4)
真・大東亜戦争(4)ジャンル 本・雑誌・コミック
真・大東亜戦争(4)詳細 真・大東亜戦争(4)(コチラクリック)
真・大東亜戦争(4)価格(税込) 486
獲得Tポイント 真・大東亜戦争(4)(コチラクリック)