真・大東亜戦争(2) 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの真・大東亜戦争(2)無料サンプル&試し読み


World War II 1940 帝国陸海軍未知ナル大陸ヲ征ク 第一次世界大戦―帝国陸海軍のエリート将校が初めて体験した近代戦。 それからおよそ20年後の……一九四〇年(昭和一五年)六月四日。日本はイギリス、フランス、およびオランダ亡命政権に国交断絶を通達する。軍需省初代次官・西条英俊の目には、英国、その背後にいる米国との戦いはもはや避けられない運命のようなもの、と映っていた。「自重したところで、英米が日本を標的とするのはまぎれもない事実であり、戦わずに膝を屈すれば、アジアは未来永劫、アングロサクソンの風下に立ち続けましょう。進むも地獄、退くも地獄。それが今のアジアです」 開戦を渋って首をなかなか縦に振らない山本五十六連合艦隊司令長官を説得したのは、まだ雪もちらつく季節だった。 西条は軽く唇を噛んだ。日本は、再び世界大戦のうねりに巻き込まれた。 ノンフィクション作家・林信吾と軍事ジャーナリスト・清谷信一が共同執筆した、大長編・架空戦記、第2巻!●林 信吾(はやし・しんご)1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)など、著書多数。『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)などは電子版も配信されている。●清谷信一(きよたに・しんいち)1962年生まれ、東海大学工学部卒。軍事ジャーナリスト、作家。2003~08年まで英国の軍事専門誌『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』日本特派員を務める。香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関KanwaInformation Center上級アドバイザー、日本ペンクラブ会員。欧州、中東、南アフリカなど豊富な海外取材とネットワークをベースにした防衛産業の分析には定評がある。著書に、『防衛破綻』(中公新書ラクレ)、『専守防衛』(祥伝社新書)『自衛隊、そして日本の非常識』(河出書房新社)、『弱者のための喧嘩術』(幻冬舎アウトロー文庫)、『こんな自衛隊に誰がした!』(廣済堂)、『不思議の国の自衛隊』(KKベストセラーズ)、『ル・オタク―フランスおたく物語』(講談社文庫)、『軍事を知らずして平和を語るな』(石破 茂氏との共著 KKベストセラーズ)、『アメリカの落日』(日下公人氏との共著 廣済堂)など多数。



真・大東亜戦争(2)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


真・大東亜戦争(2)詳細はコチラから



真・大東亜戦争(2)


>>>真・大東亜戦争(2)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



売切れになった漫画など、お店では取り寄せてもらわなければ買い求めることができない本も、BookLive「真・大東亜戦争(2)」という形でたくさん販売されていますから、その場で直ぐに入手して閲覧可能です。
日常的にたくさん本を読むという方にしてみれば、毎月決まった料金を支払うことで何冊だって読み放題で堪能できるというプランは、まさしく革命的と言って間違いないでしょう。
BookLive「真・大東亜戦争(2)」が中高年の人たちに高評価を得ているのは、10代の頃に幾度となく読んだ漫画を、もう一度手軽に読めるからなのです。
BookLive「真・大東亜戦争(2)」を拡散する為の販促法として、試し読みが可能というシステムは斬新なアイデアだと思われます。時間を考えずにマンガの内容を閲覧できるので、隙間時間を活用して漫画を選ぶことができます。
サイドバックなどを持ちたくない男性には、スマホで無料電子書籍が堪能できるというのはありがたいことなのです。荷物を増やさずに、ポケットの中に入れて本を持ち歩くことができるわけです。


真・大東亜戦争(2)の詳細
         
作者名 真・大東亜戦争(2)
真・大東亜戦争(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
真・大東亜戦争(2)詳細 真・大東亜戦争(2)(コチラクリック)
真・大東亜戦争(2)価格(税込) 486
獲得Tポイント 真・大東亜戦争(2)(コチラクリック)