強く生きるために読む古典 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの強く生きるために読む古典無料サンプル&試し読み


高校三年で肉体労働の現場に転がり込んだ著者は、一冊の古典を読む。ヘーゲルの『小論理学』だ。その哲学書は、日々の土木作業で疲れ切った若者に「未知の地平へジャンプするための勇気」を教えてくれた。正しい理解を目ざすのではなく、自分が生き延びる助けになるように本を読む。そのとき、難解・重厚と思われた古典は、人生を戦うための武器となり、仲間となる。いわば、生きるための読書だ。その実践記録である本書は、「未読の古典にチャレンジするための勇気」を私たちに与えてくれる。【目次】はじめに 「できそこない」のためのブックガイド/1 『失われた時を求めて』(プルースト)かけがえのない時間/2 『野生の思考』(レヴィ=ストロース)ゴミ捨て場からの敗者復活戦/3 『悪霊』(ドストエフスキー)もしも世界が一編の美しい文章なら/4 『園遊会(ガーデンパーティー)』(マンスフィールド)今日、リアルな死に触れて/5 『小論理学』(ヘーゲル)気がつくと見知らぬ土地に立っていた/6 『異邦人』(カミュ)夕暮れ、場違いな人/7 『選択本願念仏集』(法然)最低の人間に贈られた最高の方法/8 『城』(カフカ)成し遂げられていない物語/9 『自省録』(マルクス・アウレーリウス)春の季節に生まれいづ/あとがき



強く生きるために読む古典無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


強く生きるために読む古典詳細はコチラから



強く生きるために読む古典


>>>強く生きるために読む古典のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「電車の乗車中にコミックブックを開くのは気が引ける」、そういった方でもスマホ本体に漫画を入れることができれば、恥ずかしい思いをする必要が皆無になります。ココがBookLive「強く生きるために読む古典」の人気の秘密です。
既に絶版になった漫画など、店頭販売では発注をかけてもらわないと入手困難な本も、BookLive「強く生きるために読む古典」の形でバラエティー豊かに取り扱われているので、その場で直ぐに買って読み始められます。
不要なものは捨て去るというスタンスが少しずつに理解されるようになった今日、本も書物として保管せず、BookLive「強く生きるために読む古典」経由で読む人が増えつつあります。
本屋では扱っていないといったちょっと前に発売された漫画も、電子書籍なら見つかります。無料コミックの中には、中高年世代が10代だったころに読みまくった本も沢山含まれています。
BookLive「強く生きるために読む古典」を使用すれば、部屋に本棚を準備するのは不要になります。新刊が出たからと言って本屋へ出向く必要も無くなります。こうしたメリットから、利用を始める人が増えているというわけです。


強く生きるために読む古典の詳細
         
作者名 強く生きるために読む古典
強く生きるために読む古典ジャンル 本・雑誌・コミック
強く生きるために読む古典詳細 強く生きるために読む古典(コチラクリック)
強く生きるために読む古典価格(税込) 702
獲得Tポイント 強く生きるために読む古典(コチラクリック)