日本の「情報と外交」 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの日本の「情報と外交」無料サンプル&試し読み


なぜ日本は、尖閣問題で厳しい岐路に立たされたのか?政策決定において、論理よりも空気が重んじられる傾向は、「戦艦大和の最後の出撃」と重なるのではないか――。本書は、CIA、旧KGB、MI6等々、数多くの情報機関と交流した著者の実体験を交えて、情報とは何か、情報体制はどうあるべきかを提言する。外務省は、なぜニクソン・ショックを予測できなかったのか? なぜ石油ショックやイラン・イラク戦争の終結、ベルリンの壁崩壊を捉えきれなかったのか?「尖閣問題」こそ日本外交の縮図である。日本では正しい情勢判断がなぜか軽視されてしまう。外務省国際情報局長が国際諜報戦争と外務省の真実を明らかにする。――本書は2009年刊『情報と外交』(PHP研究所)に、あらたに序文とあとがきを加えたものです。



日本の「情報と外交」無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本の「情報と外交」詳細はコチラから



日本の「情報と外交」


>>>日本の「情報と外交」のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



最新刊は、本屋でパラパラ見て購入するかどうかの判断を下す人がほとんどだと聞いています。ただ、今日日はBookLive「日本の「情報と外交」」のアプリで冒頭部分だけ読んで、その書籍をDLするか判断する人が増えているとのことです。
BookLive「日本の「情報と外交」」を広めるための戦略として、試し読みができるというのは文句なしのアイデアだと考えます。どこにいてもストーリーを確認することができるので、隙間時間を上手に利用して漫画を選ぶことができます。
放送中のものをリアルタイムで視聴するのはとても大変ですが無料アニメ動画として見られるものなら、自分自身の空いている時間を活用して視聴することが可能なのです。
1ヶ月分の利用料をまとめて払えば、色んな書籍をどれだけでも閲覧できるという読み放題サービスが電子書籍で広がりを見せています。1巻ずつ購入せずに済むのが一番の利点です。
本を通販で買う時には、基本は表紙とタイトルに加え、おおよそのあらすじしか確認不可能です。でもBookLive「日本の「情報と外交」」でしたら、何ページかを試し読みで確認することができます。


日本の「情報と外交」の詳細
         
作者名 日本の「情報と外交」
日本の「情報と外交」ジャンル 本・雑誌・コミック
日本の「情報と外交」詳細 日本の「情報と外交」(コチラクリック)
日本の「情報と外交」価格(税込) 699
獲得Tポイント 日本の「情報と外交」(コチラクリック)