記録7号 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの記録7号無料サンプル&試し読み


たった50年ほどの時の流れで、なんとかヒルズも、かんとかタワーも、何もかも全て老朽化して異様な醜態をさらし、都市の風景は想像以上に一変し、その風景の中で、見知らぬ人類が近未来の生を構成しているはずだ。すでにデジタルもアナクロもヘチマもなく、都市は悪無限的様相を呈しているように思える。とすれば、只今こそ写し残しておくべきだという、いつもの記録至上主義的楽天性はその日のぼくにはなかった。むしろ、だからそれがどうしたの?感の方が強く、苛立ちが先にたち、とにかくひたすら寝不足で、思っている以上に疲れ果てていた。(「記録 第7号」より 著者コメント)2007年5月に刊行された森山大道の私家版写真誌「記録 第7号」を電子書籍化。記録せずにはいられない、ストリートの狩人が捕らえる都市の記憶。光と闇の饗宴。森山大道(もりやま だいどう)/写真家。1938年10月10日、大阪府生まれ。岩宮武二スタジオを経て細江英公の助手となり、1964年より独立。ハイコントラストで粒子の粗い“アレ・ブレ・ボケ”と称される独自のスタイルを確立するなど、既存の写真表現をラディカルに挑発し続け、世界的にも高い評価を得る。「量のない質はない」というポリシーのもと、現在でも膨大な数のストリートスナップを撮り続けている。近年の写真集に『NAGISA』『LABYRINTH』(Akio Nagasawa Publishing)、『カラー』『モノクロ』(月曜社)、『実験室からの眺め』(河出書房新社)など。



記録7号無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


記録7号詳細はコチラから



記録7号


>>>記録7号のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



移動中の時間を利用して漫画を読んでいたいと願う人にとって、BookLive「記録7号」ほど役立つものはないと言えます。たった1台のスマホを持ち運ぶだけで、たやすく漫画の世界に入れます。
どんな物語かが理解できないままに、表紙を見ただけで読むべきか決断するのは大変です。試し読みができるBookLive「記録7号」の場合は、一定レベルで内容を知ってから購入するかどうか決められます。
使わないものは処分するというスタンスが少しずつに賛同されるようになった今日この頃、本も例外でなく印刷した実物として所持せずに、BookLive「記録7号」越しに愛読する人が多いようです。
アニメマニアの方から見ると、無料アニメ動画と申しますのは革命的とも言えるサービスなのです。スマホさえ携えていれば、好きな時間に見ることが可能なのです。
「あるだけ全部の漫画が読み放題だったら良いのに・・・」という利用者目線の発想からヒントを得て、「固定料金を支払えば都度の支払いは必要ない」というプランの電子書籍が登場したわけです。


記録7号の詳細
         
作者名 記録7号
記録7号ジャンル 本・雑誌・コミック
記録7号詳細 記録7号(コチラクリック)
記録7号価格(税込) 2268
獲得Tポイント 記録7号(コチラクリック)