音楽配信はどこへ向かう? 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの音楽配信はどこへ向かう?無料サンプル&試し読み


雑誌『ミュージックマガジン』の連載「配信おじさん」を電子書籍化!「CDから配信という音楽業界の遷移を考えると、配信について語ることは、そのまま音楽業界の現状と未来について語ることだった。ぼくの専門は音楽評論であって、ITの専門家ではないし、音楽配信業界に強いコネやニュースソースを持っているわけでもない。ただ、音楽業界の片隅で禄を食む人間として、音楽配信利用者として、なにより一介の音楽愛好家として」(本文まえがきより)2000年代、iPod発売、iTunes音楽配信サービススタート後、音楽の聴き方自体が様変わり、音楽業界のビジネスモデルも変化。10年代は、クラウド化や高音質対応などにより、利用者ニーズや音楽メディアの所有方法、聴き方は、さらに激しい変化の渦へ。理想の音楽配信サービスとは?音楽愛好者、音楽の作り手のみならず、デジタルコンテンツ、配信ビジネスに関わるすべての人が読んでおきたい、リスナー目線の一冊です。【著者紹介】音楽評論家。 著編書は『ロックがわかる超名盤100』(音楽之友社)、『NEWSWAVEと、その時代』(エイベックス)、『フィッシュマンズ全書』(小学館)など。【主なインタビュー協力(敬称略・順不同)】ミト(クラムボン)/今野敏博/津田大介/渡辺健吾/沼田順/高橋由起子/角田裕康/金城稔(『GAUDIO』誌)/リョウ・アライ/直枝政広(カーネーション)/七尾旅人/小寺修一(nau)/田口和裕※「impress QuickBooks」は、スマートフォンに最適化した、新しいコンセプトの電子書籍シリーズです。



音楽配信はどこへ向かう?無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


音楽配信はどこへ向かう?詳細はコチラから



音楽配信はどこへ向かう?


>>>音楽配信はどこへ向かう?のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



多くの書店では、商品である漫画を立ち読みさせないために、シュリンクをするのが通例です。BookLive「音楽配信はどこへ向かう?」であれば最初の部分を試し読みできるので、内容を確かめてから購入ができます。
本離れが指摘される昨今ですが、電子書籍は新しいシステムを採り入れることにより、新規のユーザーを増加させています。既存の発想にとらわれない読み放題という利用方法がたくさんの人のニーズに合致したのです。
「連載という形で提供されている漫画が読みたい」という人にはニーズがないと言えるサービスです。しかし単行本出版まで待って閲覧するという方にとっては、単行本購入前に無料漫画にて概略をリサーチできるのは、画期的なことだと言えます。
スマホで見ることが可能なBookLive「音楽配信はどこへ向かう?」は、移動する時の荷物を軽量化するのに役立ちます。バッグの中などに重たくなる本を何冊も詰めて持ち歩かなくても、いつでも漫画を読むことができるというわけです。
電子書籍については、知らないうちに料金が跳ね上がっているということが十分考えられます。一方で読み放題だったら毎月の利用料が一定なので、どんなに読んだとしても支払金額がバカ高くなるなんてことはないのです。


音楽配信はどこへ向かう?の詳細
         
作者名 音楽配信はどこへ向かう?
音楽配信はどこへ向かう?ジャンル 本・雑誌・コミック
音楽配信はどこへ向かう?詳細 音楽配信はどこへ向かう?(コチラクリック)
音楽配信はどこへ向かう?価格(税込) 540
獲得Tポイント 音楽配信はどこへ向かう?(コチラクリック)