被爆と被曝 放射線に負けずに生きる 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの被爆と被曝 放射線に負けずに生きる無料サンプル&試し読み


■内容紹介福島原発事故から2年。日本中のすべての人が「被曝」してしまいました。これから何が起こるのか――その現実から目をそむけてはいけません。96歳、広島原爆で「被爆」した反骨の医師による渾身の提言。未曾有の東京電力福島第一原発事故発生から2年が経過。福島原発は今も放射性物質を放出し続け、その毒物は日本全土にとどまらず世界中に広がっている。すべての人の体内に放射性物質が入り込んでしまった現実をどう受け止めるべきか。放射線による被害をこれ以上増やさないためにできることは何か。広島原爆で被爆した医師が、放射線と闘いながら生き抜く方法を大胆に提言する。■著者紹介肥田 舜太郎(ひだ しゅんたろう)1917年、広島市生まれ。1943年、日本大学専門部医学科卒業。1944年、陸軍軍医学校卒。軍医少尉として広島陸軍病院に赴任。1945年8月6日、原爆被爆。その直後から被爆者の救援・治療にあたる。6000人以上の臨床体験を踏まえて「原爆ぶらぶら病」と呼ばれる症状や、低線量内部被曝の影響に関する研究にも携わった。全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)の創立に参加。全日本民医連理事、埼玉民医連会長、埼玉協同病院院長、日本被団協原爆被爆者中央相談所理事長などを歴任。1975年以降、欧米を中心に海外渡航32回延べ37か国で被爆の実相を語り、核兵器廃絶を訴える。



被爆と被曝 放射線に負けずに生きる無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


被爆と被曝 放射線に負けずに生きる詳細はコチラから



被爆と被曝 放射線に負けずに生きる


>>>被爆と被曝 放射線に負けずに生きるのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍のニーズは、日に日に高まりを見せていると言ってもいいでしょう。そんな中で、利用者が増えつつあるのが読み放題というサービスだと聞きました。料金を気にする必要がないのが最大の特徴と言えます。
サービスの充実度は、会社によって違います。そういうわけで、電子書籍を何所で買うかというのは、比較するのが当たり前だと言えるのです。軽い感じで決定するのはおすすめできません。
BookLive「被爆と被曝 放射線に負けずに生きる」の販売促進の戦略として、試し読みができるという取り組みは画期的なアイデアではないかと思います。いつ・どこでもマンガの内容を確かめることができるので、隙間時間を上手に利用して漫画を選択できます。
読み放題というのは、電子書籍業界でしか実現できない正しく革命的な取り組みなのです。本を買う側にとっても販売者サイドにとっても、魅力が多いと考えていいでしょう。
雑誌や漫画本を買う時には、パラパラとストーリーを確認した上で決める人が殆どです。無料コミックなら、立ち読み感覚でストーリーをチェックするのも容易なのです。


被爆と被曝 放射線に負けずに生きるの詳細
         
作者名 被爆と被曝 放射線に負けずに生きる
被爆と被曝 放射線に負けずに生きるジャンル 本・雑誌・コミック
被爆と被曝 放射線に負けずに生きる詳細 被爆と被曝 放射線に負けずに生きる(コチラクリック)
被爆と被曝 放射線に負けずに生きる価格(税込) 463
獲得Tポイント 被爆と被曝 放射線に負けずに生きる(コチラクリック)