文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術無料サンプル&試し読み


電子メディア隆盛のいま、何をテーマに、どうのように書くか。芥川賞作家・藤原智美が、プロとして身につけたテクニック。そのすべてを伝えます。いま、何をテーマに、どのように書けば、人の心を動かす文章になるのか。小説からネットの文章まで、ノンフィクション作家でもある著者がテクニックを紹介。同時に、本書は電子メディア時代における「書く」ことの意味を考察したノンフィクションでもある。伝わる文章を書くことだけでなく、書くという行為そのものについて、思いを巡らすための一冊。──文章の本質は「ウソ」です。ウソという表現にびっくりした人は、それを演出という言葉に置きかえてみてください。いずれにしてもすべての文章は、それが文章の形になった瞬間に何らかの創作が含まれます。良い悪いではありません。好むと好まざるとにかかわらず、文章を書くという行為は、そうした性質をもっています。(本文より)【目次より抜粋】■まえがき:・「書けない」が「書くこと」の第一歩・「書くこと」は恥じらうこと■第1章:あなたは9歳の作文力を忘れている・文章の本質は「ウソ」である・プロはこうやって文章力を鍛える■第2章:プロ作家の文章テクニック・すべてを書いてしまわず、次の日に繰り越す・シナリオライターの「箱書き」手法■第3章:名文の条件とは何か・名文かどうかは、風景描写でわかる・文章は真似から始まる■第4章:日常生活で文章力を磨く・インターネットの魔力に勝てるか・1、2行の日記でも文章はうまくなる■第5章:検索、コピペ時代の文章術・コピー&ペーストが文章を殺す・ランキング思考で直観力が衰える■第6章:書くために「考える」ということ・デジタル化時代の「考える」ということ・書きたいテーマが見つからない



文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術詳細はコチラから



文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術


>>>文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



大体の本屋では、店頭に出している漫画の立ち読みを禁止するために、ビニールで包むことが多いです。BookLive「文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術」を活用すれば試し読みが可能ですから、物語のあらましを見てから買うか判断できます。
物語の世界に思いを馳せるというのは、ストレスを発散するのに凄く実効性があります。複雑怪奇なストーリーよりも、単純で分かりやすい無料アニメ動画などが良いでしょう。
老眼が悪化して、近場の文字が見えづらくなってきたという高齢の読書好きな方には、スマホで電子書籍を楽しめるようになったというのは、本当に画期的なことなのです。フォントサイズを読みやすいように調節できるからです。
電子書籍に限っては、知らない間に支払金額が高くなっているということがあります。だけども読み放題であれば月額料が一定なので、読み過ぎたとしても利用料が高くなるという心配がありません。
本を通販で買う時には、概ねタイトルなどに加えて、ざっくりとした内容しか確認不可能です。だけれどBookLive「文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術」であれば、何ページ分かは試し読みで確認することができます。


文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術の詳細
         
作者名 文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術
文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術ジャンル 本・雑誌・コミック
文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術詳細 文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術(コチラクリック)
文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術価格(税込) 1080
獲得Tポイント 文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術(コチラクリック)