日本人の論語(下) 『童子問』を読む 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの日本人の論語(下) 『童子問』を読む無料サンプル&試し読み


伊藤仁斎は、儒学を支那(チャイナ)から取り寄せた輸入学ではなく、日本人のための人間学に転換させた最初の人物である。仁斎が著した『童子問』には、わが国の儒学の独創性が随所にちりばめられている。本書は、その『童子問』を現代語に訳し、さらに要諦を解説した一大労作。下巻では、<巻の中・第二十一章>以降を収録する。君主の人徳、倹約の心得、賞罰の判断はいかにあるべきかを唱える。例えば、次のような訓戒が並んでいる。「生まれた時代が悪いと嘆く者は仁者ではない」「文が武より上であれば、王の地位は安泰である」「師の道とは、人材を育てあげる努力である」「反省は自らを磨く砥石である」「自力で手に入れた智恵は、一生の財産になる」「学問を極めた人は相手を非難しない」「智者は無理をせず、自然の流れに従う」等々。人の世を処する智恵について、三百年後の現代人にも多くの示唆を与える。我が国独自の儒学について、古典の碩学があまさず語る。



日本人の論語(下) 『童子問』を読む無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本人の論語(下) 『童子問』を読む詳細はコチラから



日本人の論語(下) 『童子問』を読む


>>>日本人の論語(下) 『童子問』を読むのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



幼少期に何度も読み返した懐かしさを感じる漫画も、BookLive「日本人の論語(下) 『童子問』を読む」という形で閲覧できます。一般の書店では取り扱っていない作品も山ほどあるのが凄いところだと言っていいでしょう。
「持っている漫画が多すぎて置き場所がないから、購入したくてもできない」という事態に陥らないのが、BookLive「日本人の論語(下) 『童子問』を読む」の人気の秘密です。どんなに数多く購入しても、整理整頓を考えずに済みます。
0円で読める無料漫画をわざわざ閲覧できるようにすることで、利用者数を増やしそこから販売につなげるのが事業者側の狙いですが、逆に利用者も試し読みができるので、躊躇なく購入できます。
日常とはかけ離れた物語の世界に思いを馳せるというのは、日頃のストレス解消にめちゃくちゃ役に立ってくれます。複雑で難しいテーマよりも、明快な無料アニメ動画の方が高い効果を得ることができます。
「あるだけ全部の漫画が読み放題だったらどんなに良いだろうね」というユーザーのニーズからヒントを得て、「月額料を支払えば個別に支払う必要はない」というスタイルの電子書籍が誕生したのです。


日本人の論語(下) 『童子問』を読むの詳細
         
作者名 日本人の論語(下) 『童子問』を読む
日本人の論語(下) 『童子問』を読むジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の論語(下) 『童子問』を読む詳細 日本人の論語(下) 『童子問』を読む(コチラクリック)
日本人の論語(下) 『童子問』を読む価格(税込) 730
獲得Tポイント 日本人の論語(下) 『童子問』を読む(コチラクリック)