日本人の論語(上) 『童子問』を読む 口コミ 評判 比較 電子書籍


BookLiveの日本人の論語(上) 『童子問』を読む無料サンプル&試し読み


江戸初期の儒学者、伊藤仁斎は、学問とは知識の競い合いではなく、人間性の修練であると唱えた。そして、『論語』『孟子』の精髄を読み抜き、日本人の感性に即した儒学を、師と弟子の問答形式を用いて叙述した。それが『童子問』である。本書は、全百八十九章から成る『童子問』を現代人が読みこなせる言葉に訳し、さらに要諦を解説する。仁斎は儒学を支那から取り寄せ、そのままを暗唱するのではなく、儒学の真髄を把握したいと考えた。儒学の目的は人間の生きるべき道を深く学び、それを実践する強い意志であることを悟り、これこそが、本来の学問であるという信念を持った。仁斎の出現により儒学は輸入学ではなく、日本人が人生の生き方を社会生活の中で、工夫する手立てとなったのである。仁・義・礼・智とは何か。人間関係の心得とは何か。人生における永遠のテーマを、親しみと温かみをこめて、諄々と説く。古典の碩学が、老若男女すべてに贈る、普遍の人間学。



日本人の論語(上) 『童子問』を読む無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本人の論語(上) 『童子問』を読む詳細はコチラから



日本人の論語(上) 『童子問』を読む


>>>日本人の論語(上) 『童子問』を読むのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



多くの書店では、本棚のスペースの問題で売り場に並べられる数に制約がありますが、BookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」であればそういう制約がないため、一般層向けではないタイトルも扱えるのです。
まず試し読みをして漫画のイラストや中身をチェックした上で、不安感を抱くことなく購入し読めるのがネット漫画のメリットです。支払いをする前に内容を確認できるので失敗の可能性が低くなります。
仕事の移動中などのちょっとした手空き時間に無料漫画をチョイ読みして自分に合いそうな本を見つけ出しておけば、公休日などの時間が作れるときに購読して続きを閲読することができてしまいます。
BookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」から漫画を買えば、家のどこかに本棚のスペースを確保する必要がなくなります。欲しい本が発売になるたびにお店に向かうのも不要です。こういった観点から、サイト利用者数が増えているというわけです。
電子書籍を買い求めるというのは、インターネット上で情報を取得するということです。サイトが閉じられてしまったら利用することができなくなるので、ちゃんと比較してから信用度の高いサイトをチョイスしましょう。


日本人の論語(上) 『童子問』を読むの詳細
         
作者名 日本人の論語(上) 『童子問』を読む
日本人の論語(上) 『童子問』を読むジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の論語(上) 『童子問』を読む詳細 日本人の論語(上) 『童子問』を読む(コチラクリック)
日本人の論語(上) 『童子問』を読む価格(税込) 730
獲得Tポイント 日本人の論語(上) 『童子問』を読む(コチラクリック)